Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

バビグリンとアヤムゴレンの相場

先週末、15年来のバリ友達からホームBBQのお誘いがあって参加しました。
朝獲りイカの炭火焼きからはじまり、ジューシーチキンにソーセージに牛カルビ、トウモロコシや玉ねぎなどの定番野菜のほか、バリ人お手製のサテリリッ(鶏つくね串)やバルン(通常は豚骨、今回は鶏骨スープ)、クルプック(揚げせんべい)、さらに竹を割って作った本格流しそうめん、カツオのたたき、趣味の域を遥かに超えた自家製パン、焼きそばまで。なんつー豪華さ!
昼から夜まで食べっぱなしのしゃべりっぱなし。おいしく楽しかったです。あざーす。

バリ仲間で集まれば、当然バリトークに花が咲きます。
子育てや仕事の都合で数年渡航していない友達は最近のバリ島の物価上昇に驚くばかり。ふふふ、今どき「でっかいアヤムゴレン(インドネシア風フライドチキン)、野菜、豆腐とテンペのナシチャンプル」はRp5,000(1円=Rp107として約47円)じゃ食べられないですわよ。地域にもよりますが、鶏肉が入った時点でたいていRp10,000(約93円)は超えます。

この話のきっかけは、あてくしがGWに食べたクタ地区にある「ナディジャヤ」のバビグリン(豚の丸焼き)がめっちゃ値上がりしたっつーネタから。
バリ島 ナディジャヤ
バリリピーターの日本人友達と3人で久々行ったのですが、スープ付バビグリンとオレンジジュースでRp35,000(約327円)なり。思わず会計のとき「高っ!」って日本語で言っちゃいましたよ。ぼったくられた?いやいや、相場より安めのお店だったはず。場所代が上がったのかしら?うーむ。

バリ飯写真見てたら食べたくなりました。クリックお願いします。
豚系のナシチャンプル屋で、マイランク1位独走中のクロボカン地区「サリクンバル99」は去年末の時点でバビグリンRp15,000(約140円)、スペシャルRp25,000(約233円)でした。
バリ島バビグリン

グリン(串刺し丸焼き)じゃないですが、同じくクロボカン地区の「ワルンバリ」は昨年11月の時点で1皿Rp12,000~(約112円~)。
ワルンバリ

ダルン地区の「ブ ユディッ」は今月初旬の時点でRp13,000(約121円)。
バリ島 ブ ユディッ

それに比べると「ナディジャヤ」、やっぱり高いお!
でもウブド地区の人気店イブオカは今やRp40,000+(約373円+)超えるし、トゥバン地区にはRp50,000(約467円)もあるとのこと。ううう、もう庶民の値段じゃないですな。


アヤムゴレン(インドネシア風フライドチキン)はまだMemo Bali Blogで紹介していませんでしたね。
5月中旬に行ったのは、ダルン地区のガソリンスタンド脇の「ワルン ファディラー」。
夜になると道沿いというか軒先に出る屋台の進化版です。
バリ島 アヤムゴレン

店内はこんな感じ。
もはや室内ではなく、夜空市場です。屋根があるだけヨシ。
バリ島 アヤムゴレン

調理場1。
ここでお兄さんに頼むと作ってくれます。この方、誰かに似てたんだよなぁ。忘れちゃった。
左の緑のバケツには白飯が入っています。
バリ島 アヤムゴレン

調理場2。
味付けと揚げ物はこちらで。
バリ島 アヤムゴレン

にゃんこが待機。3匹ぐらいいます。
そっぽ向いてますが、食べ始めると寄ってきて可愛い声でおねだり。まさにツンデレ。
バリ島 アヤムゴレン

アヤムゴレンとララパンとサンバル(辛調味料)。
鶏肉はカラッと揚がって、外はパリパリ、中はほどよくジューシーです。塩味のみ。好みでサンバルを付けていただきます。
バリ島 アヤムゴレン
ララパンって何年間も“鶏肉の揚げ方”だと勝手に思っていたのですが、添えの生野菜のことなんですってね。
あてくし、クマンギ(インドネシアバジル)が大好きで、これと一緒ならサンバルはいらないぐらい。サンバル好きさんには考えられないでしょうけど(笑)

アヤムバカル(鶏焼き)。パンガンとどう違うんでしょ?
少し甘めのタレを付けた鶏肉をガスか炭火でよく焼いたもの。お焦げのほどよい苦みもあり、なかなか奥深い味になっています。
バリ島 アヤムゴレン

垂れ幕には、べべ(あひる)も記載されてますが、売切れだそうです。
ほかにレレ(うなぎ)、イカンラウッ(海の魚)、豆腐やテンペ揚げがありました。

ララパン屋には、たいていフォークやスプーンは置いてありません。右手で食べるのが基本です。最初に出てくるこのボールの水で手を洗い(飲み水じゃないっす)、食べ終わったらライムを石鹸代わりに油を落としながら洗います。
ご飯は親指・人差し指・中指の3本を使って(薬指を添えてもOK)、軽く三角錐を作ってから口に運びます。慣れるまで難しいですが、そのうちできるようになります。
バリ島 アヤムゴレン

アヤムゴレン×1、アヤムバカル×2、ご飯×1、アイスティ×2という変則的な組合せで、合計Rp44,000(約411円)でした。
家人が「ダイエットでご飯はいらない。その代わりアヤムバカルを2個食べる」と。それって痩せないような・・・。

おまけ。
スカワティ地区のナイトマーケットで食べたアヤムゴレンララパンとアイスティは合計Rp18,000(約168円)でした。
ご飯半分にしてもらったら食べかけみたいですね。
バリ島 アヤムゴレン

関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント