Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

持ち帰りのみの本格中華料理、ウォン・キイズ

クロボカン地区のイングリッシュパブ「ザ・プラマーズ アームズ」の真隣に、いつ見ても客や店員がいないのに、夜になるとたくさんのバイクが停まっている、不思議なテイクアウト専門の中華料理屋があります。
このバイクで乗り付けた方々はいずこへ?
バリ島 ウォン・キイズ

答えは、プラマーズの客たち。
隣とはいえよくまぁ堂々と停めてますなぁ・・・と思ったら、同系列なんですって。しかも厨房が同じで、スタッフは共有。
グルメ友達T子さんがまたしても教えてくれました。どんだけネタ持ちなんだ(笑)

このお店、「イギリスのおいしい中華」をそのままバリ島で再現してるようです。
T子さんの英国人旦那様は「現地そっくりの味で懐かしい。持ち帰り用の容器まで同じ」と感動なさってたとか。

そこまで聞いたら、やっぱり食べてみなくちゃね!

励みになるけど、ハゲにはならないクリックを。
看板も店内も照明が灯り、明らかに営業中なのに、ガラスのドアが開かず入れません。えっと、この扉はフェイク?どこかに裏口があるの?
よく見ると、取っ手の脇に小さなインターホンがついてます。ピンポーン♪・・・反応なし。もう1度ピンポーン♪

店内の真っ赤なドアが勢いよく開き、プラマーズのTシャツを着たスタッフが小走りでカウンターをくぐって鍵を開けてくれました。これが噂の障害物競走風応対か。おもしろーい。
食事時でプラマーズも混んでるせいか、額にじんわり汗かきながら。
バリ島 ウォン・キイズ

店内は、注文用のカウンターとメニュー表、ドリンクケース、小さなソファーが1つ、しかありません。
さすがテイクアウト専門店。潔いです。ちなみにテイクアウトは和製英語で、海外ではテイクアウェイといいます。
バリ島 ウォン・キイズ

バリ島 ウォン・キイズ

プラマーズ系列だけあって、バーガーやピザなどヨーロピアンフードのお持ち帰りも可。
マルガリータとエビチリなんていう驚異の組合せだって出来ちゃいます。食べ合わせ良いのかしら?
バリ島 ウォン・キイズ

中華メニューには相番が振ってあります。電話でオーダーするとき、該当番号を言えば伝わるので便利ですね。
その数、75品目。いろいろ選べて嬉しいけれど、写真がないので読まなきゃいけません。SUEYとかCHOWって何だっけ?

こんなときはセットメニューに限ります。
一般的に、好きなものをオーダーするほうが自由度は高く感じられますが、実は自分の好みに偏る傾向があり、新しい味・物・人・景色などに出会う確率が下がるんですって。
コースやセットだと選択範囲は狭まるし、時にお仕着せがましく感じることもあるものの、未知の分野に踏み込めて経験が広がるそうです(良くも悪くも)。
そう、この理論に基づいて、あてくしはスペシャルメニューをオーダーするざます。読むのが面倒なわけじゃないですよ、決して。

待つこと約15分。
紙袋にまとまってきました。2人分で、Rp200,000(1円=Rp107として約1870円)です。
デカっ!単体だと伝わりにくいですかね?どうみても2人前じゃないです。
バリ島 ウォン・キイズ
できたてアツアツで抱えてたら太ももがヤケドしそうでした。

家に着いて、さっそく取り出します。
タッパー内が湯気で曇ってまんがな。
バリ島 ウォン・キイズ

蓋、オープン!
左上から時計回りに、野菜春巻き、鶏肉チャプスイ(Chicken Chop Suey)、豚肉のカシューナッツ炒め(Kung Pao Pork)、酢豚(Sweet&Sour Pork)、玉子チャーハン。さらに鶏コーンスープとえびせん付。
バリ島 ウォン・キイズ
サイズがわかりにくくて恐縮ですが、1つタッパーが縦18cm×横10cmぐらいあります。2人でこの量って大食漢?!白飯を買い足せば、3~4人賄えるような。

野菜春巻きのアップ。
これ、サービスでいただきました。今なら3皿以上買えば、スープか春巻きがもらえます。
持ち帰りのせいか、皮のパリパリ感はなし。味はしっかりしてておいしいです。
バリ島 ウォン・キイズ

鶏肉チャプスイのアップ。
もやし、たまねぎ、にんじん、キャベツ、鶏肉が、強い火力でサッと炒められた感じ。野菜のシャキシャキ感がしっかり残っています。塩とこしょうと醤油のさっぱり味でうまし。
バリ島 ウォン・キイズ

豚肉のカシューナッツ炒めのアップ。
このセットの中で一番好きかも。オイスターソースと唐辛子が利いて、ご飯とよく合います。
バリ島 ウォン・キイズ

酢豚のアップ。
連続 豚揚げ。お肉はどちらもほどよい硬さ。赤ピーマンやズッキーニ入りで彩が良いです。甘みがやや強めかな。
家人は「パイナップル入りがヤダ」と申しておりました。豚肉にパイナップル入れるとお肉が柔らかくなるのに。
バリ島 ウォン・キイズ

玉子チャーハンのアップ。
塩味ベースでさっぱり。油っぽくなくて、ご飯パラパラでおいしいです。
が、おかずが結構濃いので白飯のほうが合うかも。
バリ島 ウォン・キイズ

海老せんべいのアップ。
小袋いっぱいに詰めてくれてました。そんなに食えんよ。
バリ島 ウォン・キイズ

写真を撮り忘れた鶏コーンスープは甘くなく、塩味がきいてます。とろみがあり、アツアツでした。

イギリスやアメリカの中華は、本場中国にないメニューもあるそうです。たとえばチャプスイは広東料理をもとにしたアメリカ式中華だとか。とはいえ、よっぽどの食通を除けば、ウォン・キイズの味はまさに中華です。
日本もハンバーグ自体は西洋ですけど、おろしハンバーグだと和風。スパゲティのナポリタンも和製でイタリアにないと言いますしね。
どこの国でもおいしければOKな気もします。

結局、いろんなものが食べきれず、そのわりに家人と立ち上がれないほど満腹になりました。一般的な2人前じゃないっす。
タッパーごと冷蔵庫へしまい、翌日に白飯とともにいただきました。ある意味、経済的。

スミニャック、クロボカン(プティトゥンゲッ、ウマラスほか)、チャングー(バトゥブリッ、ブラワほか)の各エリアは無料でデリバリーしてくれるそうです。
あれれ?めっちゃ近いけどダルンは?

店名
WON・KYS CHINESE TAKEAWAY(ウォン・キイズ チャイニーズ テイクアウェイ)
URL
http://www.wonkystakeaway.com/
料理ジャンル
中華料理
税金・サービス
込み
カード
使用可
所在地
Jl.Raya Anyar No.8 Kerobokan Bali
電話番号
+62-878-6228-2983(海外から)
0878-6228-2983(バリ島内)
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午後3時~11時
駐車輪場
車:なし、バイク:あり(店頭)
行き方
行き方
1.ラヤクロボカン通りからラヤセメール通りに入り、道なりに2kmほど進んだ右側。
2.ラヤチャングー通りからラヤアニャール通りに入り、500mほど進んだ左側。バリブッダの先。カフェモカの並び。


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント