Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

チーズ好き垂涎のピッツア、ラ バラッカ

グルメな元ご近所友達T子さん(元友達ではなく元ご近所だYO!)から「スミニャック地区のワルンヨシ跡地にスープカレー屋がオープンしたらしいよ」との情報を得て、さっそく向かいました。
ガラス張りのドアには「水・日休み。12時~20時?」と書かれています。このとき土曜14時だったのに、なぜかクローズ・・・しくしく。はっ、もしや最後の「?」に土曜14時が含まれてる?!(そんなことはたぶんない。たまたま)

ランチ難民になってしまったあてくしが、次に向かったのはプティトゥンゲッ通りの「ラ バラッカ」。
ここもT子さんおすすめの1つ。楽しみだなー。

ラ バラッカは、有名フレンチ・メティスの斜め向かいに去年できた、小さなイタリアンレストランです。
看板にも描かれているように小屋・納屋という意味だそうです。
バリ島 ラ バラッカ

バリ島にはローカル飯から世界各国料理まで。クリックお願いします。
まずは宙に浮いた風の自転車がお出迎え。
アンティーク調のインテリアがあちこちに配置され、雑多ながらもセンス良くまとめられています。
バリ島 ラ バラッカ
大きなインテリアショップの隣にあるため、ややもすると同化して見落とすかも。

店内のディスプレイが、どれもいちいち可愛いです。
椅子やテーブルは寄せ集めで1つとして同じものがないのに、さほど違和感なく。
バリ島 ラ バラッカ

テーブル上の花瓶は使い古されたポットやガラス瓶。2~3本活けてある花たちが、よりキュートに見えます。自己主張することなく、ほんのりひっそりと。
バリ島 ラ バラッカ

見て見てーー。ライトカバーは見慣れたタライや鍋ですよ。
天井は色の違うトタンを組み合わせて、古めかしい納屋感を演出しています。
壁に一列に並んだキャンパスのイラストは関係者が描かれたのかしら?これは非アンティーク。ポップな画風で楽しさを加えてくれています。
バリ島 ラ バラッカ

メニューはこちら。
手書き風フォントでこれまた可愛らしい。
このページは前菜と揚げ物。あれ?タタキって?日本語??
バリ島 ラ バラッカ

T子さんおすすめはピッツア。
定番のマルガリータにしようかしら。トマト、モッツレラ、バジルでシンプルに。
・・・と思いきや、なんとクァトロフォルマッジがあるじゃあーりませんか!あてくし、バリ島内のイタリアンで初めて見たかも。いや、気付かなかっただけか?これ、大好きなんす。決ーめたっと。
バリ島 ラ バラッカ

サラダやパスタをあれこれ見始めるとキリがなく、1人じゃ食べきれないのでスルー。
余裕があれば、ドルチェのティラミスを食べたいなぁと思いつつ。
バリ島 ラ バラッカ

アイスラテ、Rp30,000++(1円=Rp106として約283円++)。ガムシロップは別添え。
サービスのアンティパストは、かぼちゃの甘くないソースがけバゲット。
バリ島 ラ バラッカ

はい、本命来ましたーーー♪
クァトロ=4、フォルマッジ=チーズ、4種類のチーズのピッツア。余計なものは一切載せず、ただひたすら濃厚な味わいを楽しむ、チーズ好きにはたまらない1品です。食べ過ぎると胸焼けするのが難点。
直径28~30cmの1サイズのみで、Rp69,000++(約650円++)です。
バリ島 ラ バラッカ

アップでもう1枚。
4種って何だ?モッツレラとパルメザンはわかりましたけど。チーズ、うんまーい。さほど伸びません。びよーんびよーんしながら食べたかったのに。
生地がまたかなりイケてます。薄めで、耳の部分はもっちりパリッ。塩加減も絶妙です。
バリ島 ラ バラッカ

生地が厚めのもちもち好きさんはスミニャック地区のワルンイタリア、薄めでパリッと好きさんは同じプティトゥンゲッ通りにあるシレネッタがお口に合うかもしれません。シレネッタもいつかMemo Bali Blogで紹介しますね。
そうそう、サヌール地区のマッシモも見逃せません。

ラ バラッカの内観写真を撮らせてもらってたら、オーナーのイタリア人が話しかけてくれました。
あてくしが日本人だとわかると店内を指さしながら、日本語で「ツキです」と。え?急にムーンですか?もしくは愛の告白??「ちゅきだから」のチャンドンゴン??たぶん「(この内装が)好きですか?」という意味だったと思います。
バリ島 ラ バラッカ

遅めのランチタイムだったにも関わらず、持ち帰りや店内飲食で途絶えることなく欧米人が立ち寄ってました。おいしいし、オーナーの人当たりも良いし、便利な場所なので、これからますます人気が出そうですね。

店名
La Baracca(ラ バラッカ)
URL
https://www.facebook.com/pages/La-Baracca-Ristorante-Pizzeria/1459788697607505
料理ジャンル
イタリア料理
税金・サービス
税10%・サ5%
カード
未確認
所在地
Jl.Petitenget 17 D Kerobokan Bali
電話番号
+62-361-738-373(海外から)
0361-738-373(バリ島内)
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午後12時~午後11時
駐車輪場
車:なし、バイク:あり(店頭)
行き方
ラヤクロボカン通りを北上し、リオの交差点を左折。プティトゥンゲッ通りを300mほど進んだ右側。メティスの斜め前。


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント