Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

ガルーダ受託手荷物増量の陰で、注目のエアライン

ガルーダ・インドネシア航空(GA)は、2015年5/14発券分から無料受託手荷物の許容量を拡大しました。
エコノミークラスで30kgまでだったのが46kgに。制限重量内であれば個数制限なし(1個32kgまで)。イエーイ、無理してまとめなくてもバラバラに持ちこめるるるぅ~♪さらに通常の荷物とは別に、スポーツ用品・楽器を1セット23kgまで。機内持込手荷物は今までと同じ7kgまでです。
ってことは・・・1人最大76kgまで可!!すごすぎおくん。自宅-空港や空港-宿泊施設への移動時は車で運ぶか、日本なら宅配便で送るとして(さすがに電車は無理っしょ)、空港内のカートがないところはどうやって運べばいいんでしょうか?X線検査時も積み下ろしが大変そう。嬉しい悲鳴が止まらない量ですね。

荷物量はダントツ増えたものの、値段がやや張るんだよなぁ。特に滞在期間が21日だか30日間を超えると高いんだよなぁ。成田発着しか直行便ないしなぁ。ぶつぶつ。

またまた東京発バリ島行き航空券(エコノミー)の値段を調べてみました(3月に書いたブログはGA含め一部改訂済み)。
今回の比較サイトは下記2つ。
・エクスペディア:http://www.expedia.co.jp/
・スカイスキャナー:http://www.skyscanner.jp/
スカイスキャナー、検索が速くていいぞ。教えてくれた、だいちゃんありがとうございます。

刻々と変わりゆく航空事情・・・クリックお願いします。
やはりセールのエアアジア(D7)が一番安いですね。
短期だと次はチャイナエアライン(CI)、その次がフィリピン航空(PR)、さらにマレーシア航空(MH)・・・と続きます(時期による)。ただCIは乗継含めた所要時間が片道20~32時間と笑っちゃうぐらいかかるので、よっぽどヒマな時間に余裕がある方じゃないと厳しいかと。
長期なら、D7の次がPR、MH、大韓航空(KE)の順。
あれ?今までノーマークだったフィリピン航空が浮上?!


フィリピン航空(PR)


東京(成田・羽田)と経由地マニラの飛行時間は約4~4.5時間、マニラとバリ島間も約4時間。長時間の座位が苦手な方やエコノミー症候群が心配な方には嬉しいですね。乗継が最短で1時間15分、総所要時間は最短9時間40分。うわっ、ガルーダ直行便と2時間差!JALやANAより早いです。乗継の移動を含めた時間の短さがやや気になるものの、同一エアラインなので飛行機が遅延した際は代替対応してくれるはず。
滞在2日間でも1年間でも値段は同じ。期間は関係ないようです。出発日によって価格が変動します。
受託手荷物は23kg×2個までと日系航空と同じ。ANAとの提携マイルが貯められる点も見逃せません。
マイナスポイントは、バリ島への到着が深夜12時過ぎ、出発は深夜1時半と朝型人間には辛いところ。さらに経由地のマニラからバリ島への運行が週3回のみ。曜日合わないとダメぢゃん・・・。
あとあまり関係ないかもしれませんが、公式サイトが見づらくて必要な情報が探しにくいったらありゃしない。
公式サイトhttp://jp.philippineairlines.com/
フライト
スケジュール(例)
成田発NRT発 13:30 → MNL着 17:00 →
MNL発 20:40 → DPS着 翌00:40 (日火金運航)
DPS発 01:30 → MNL着 05:30 (月水土運航)→
MNL発 06:45 → NRT着 12:10
羽田発HND発 15:20 → MNL着 18:40 →
MNL発 20:40 → DPS着 翌00:40 (日火金運航)
DPS発 01:30 → MNL着 05:30 (月水土運航) →
MNL発 08:55 → HND着 13:55
所要時間9時間40分~12時間程度
乗継空港マニラ ニノイ・アキノ国際空港(MNL)
運賃表なし(記載はマニラ、セブ島のみ)
最安値(例)-(公式サイト内記載なし/エクスペディアとスカイスキャナーで検索)
56,680円(燃油込)
予約・発券期限記載なし
必要滞在日数2日間
最長滞在期間12ヶ月
無料手荷物受託(預入)23Kg×2個まで
機内持込7Kgまで+身の回りの品2個まで(ハンドバッグなど)
プロモーション現時点なし
マイレージオリジナルマブハイ・マイルズ(有効期限:2年間。ただし期限内で1度でも加算か使用があれば延長)
航空連合なし
その他提携航空会社全日本空輸、エティハド航空
備考マニラからバリ島への運行が週3回

つい先日、KELAPKELIPのオリョーさんがタイムリーに乗られたんですよ。感想を聞いたら「快適の快適な空の旅」とのこと。まさかの快適ダブル使い☆
東京→マニラ間はビジネスマンが多く(ピーナを買いにいくオッサンは見かけずw)、シート幅は普通だったものの、マニラ→バリ島間は3列×2でやや広め。座り心地も悪くなかったとか。
乗継のマニラ空港は第1~3まであり、PRは第2。同一空港内で楽に乗り継ぎできるそうです。しかもスタッフが丁寧に次のカウンターまで同行してくれたんですって。たまたま?たまたまなのか?空港内のショップやレストランは特に印象ないとか(たぶんたいしたことない)。
荷物の途中ピックアップはなく、到着地までスルー。
機内食のご飯が炊飯器からよそったばかりかと思うほどほっかほっかだったそうです。

よし、次回から候補に入れようっと。

関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント