Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

サヌールのロスメン(安宿)、7軒ご紹介

今から1年ちょっと前。日本でとてもお世話になっている方が「サヌールのロスメン(安宿)に泊まりたい」とおっしゃるので、あてくし現地調査してきましたの。結局ホテルに滞在されましたけども(笑)
あれから月日は流れ、多少値上がりしているかもしれませんが、ここに掲載しておきます。ご参考にどうぞ~。

北から南の順で並べました。

この写真はリカサヌールホームステイの庭に咲いてた蓮の花。美すぃー。
サヌール ロスメン

ロスメン調査した私に、ご褒美のクリックを♪

ユリア 1 ホームステイ


入口、せまっ!建物の脇の通路という感じですよね?
でも中は意外と広いんです。増築を重ね、奥に行くほど新しい建物になってます。
サヌール ロスメン
この門は夜になると施錠されます。たしか22時か23時だったような。

新築のほうのツインベッドルーム。明るく風通しが良さそうです。
サヌール ロスメン
かつて入口すぐの建物に泊まったことがあるんですが、そちらは狭いし暗いし、壁が薄くて隣室の声がよく聞こえましたw

ベランダにはテーブルセットがあります。
サヌール ロスメン

シャワーとトイレはかろうじて別。
「お湯の出はどう?」と訊いたら「たいてい良い」そうです。たいてい・・・時々止まったり詰まったりするんですね。ロスメンあるある。
サヌール ロスメン

宿名
Yulia 1 Home Stay(ユリア 1 ホームステイ)
URL
なし
宿泊費
(目安/一部屋/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp170,000 / エアコン&温水シャワー:Rp300,000
所在地
Jl.Danau Tamblingan No.38 Sanur Bali
電話番号
+62-361-288-089/+62-361-283-945(海外から)
0361-288-089/0361-283-945(バリ島内)
Email
なし
行き方
ダナウタンブリンガン通り沿い。スワスティカホテルとタムカミホテルの間ぐらい(だったような。記憶があいまいですみません)



ケケ ホームステイ


オーナーご家族に日本人がいらっしゃるので、スタッフ全員ほぼ簡単な日本語を話すことができます。
人気すぎて空きがないのが欠点。

奥が拡張されて、めっちゃキレイな建物になってましたー!
サヌール ロスメン

各部屋のエントランスに設置されたテーブルセット。
サヌール ロスメン
1階はエントランスから入室できます。
あれれ、2階はどうなってたっけ?ドアは裏側かも。

落ち着いたカラーでまとめられたダブルベッドルーム。
サヌール ロスメン

シャワールームはガラス張り!カップルで泊まったらムフフですね。
洗面台も広くて使いやすそうです。
サヌール ロスメン

以前からある建物はこちら。
サヌール ロスメン
古いほうが若干安いので、長期滞在の方には好まれるようです。

宿名
KEKE Home Stay(ケケ ホームステイ)
URL
http://www.keke-homestay.com/
宿泊費
(目安/2人/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp225,000 / エアコン&温水シャワー:Rp325,000
所在地
Jl.Danau Tamblingan No.100 Gang Keke 4 Sanur Bali
電話番号
+62-361-287-282(海外から)
0361-287-282(バリ島内)
Email
keke.homestay[at]gmail.com([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りのグリヤサントリアンホテルの道を挟んだ正面にある小道を130mほど進んだ正面。



ユリア 2 ホームステイ


先ほどのユリアと同系列。やや南下した場所(ハーディーズ寄り)にあります。
ユリア2は全体が新しく、広々している分、値段が少し高めです。
ユリア1の新館はここより後に出来たのに安いため、1のスタッフいわく「2よりお得」とのことです。

建物は3つに分かれています。
一番左。
サヌール ロスメン

真ん中。
サヌール ロスメン

一番右。
サヌール ロスメン

真ん中の建物、2階のダブルベッドルーム。アースカラーでまとめられています。
「今ここしか空いてないです」と言われました。人気なんすねー。
サヌール ロスメン

シャワールーム。ユリア1と同じく、シャワーとトイレが別です。仕切があると狭くなりそうですが、どっちが良いんでしょ?
サヌール ロスメン

スタッフみんな忙しそうで、見学するのに10分以上待たされました。
えぇ、いいですよ。時間あるんで。

宿名
Yulia 2 Home Stay(ユリア 2 ホームステイ)
URL
なし
宿泊費
(目安/一部屋/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp250,000 / エアコン&温水シャワー:Rp375,000
所在地
Jl.Pantai Karang No.1 Sanur Bali
電話番号
+62-361-287-495(海外から)
0361-287-495(バリ島内)
Email
kf-billy[at]indo.net.id([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りからパンタイカラン通りに入り、すぐの左側。



ドンナ ホームステイ


メイン通りからこの脇道へ入ると、3軒のホームステイが並んでいます。たしかオーナーがご兄弟かご親戚同士で、満室だと隣に回されます。
私が伺ったとき、ちょうど新館の工事中で「もう少しで出来るのに」と言われました。

旧館の外観。バリらしく美しいレリーフが施されてますね。今どき珍しい・・・。
サヌール ロスメン

セミダブルのベッドルーム。ちょっと薄暗い感じですが、清潔です。
サヌール ロスメン

ザ・昔のトイレ!プラスチックの棚も安っぽいですねぇ。
新館になってどのぐらいキレイになったのか見比べたいところ。
サヌール ロスメン

14年ぐらい前に1度泊まったことがあります。たしかイスラム教徒の断食明けの大祭時期でサヌールはどこも満室。友人の力添え(コネ)で空けていただきました。私が1人で泊まっていた隣室には、ジャワから来たご家族が8人一室に・・・。申し訳ないことをしました。今やジャワ人のほうがお金持ちですけどねw

宿名
DONNA Home Stay(ドンナ ホームステイ)
URL
http://www.donnahomestay.com/
宿泊費
(目安/一部屋/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp200,000~※見学時に改装していたので値上がりした可能性大。上記サイトでご確認を
所在地
Jl.Danau Tamblingan No.164 Sanur Bali
電話番号
+62-361-287-770(海外から)
0361-287-770(バリ島内)
Email
info[at]donnahomestay.com([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りのパリガタホテルとペニダビューホテルの間あたり。道を挟んだ向かいにある小道を30mほど進んだ右側。



ホテル ジャティ ホームステイ


ここの良い点は、プールが明るく広めなこと!フロントのすぐ奥にあります。
サヌール ロスメン

サヌール ロスメン

残念な点は、部屋がちょっと古くてカビ臭いこと。
ほかがどんどん新しくなっているので、余計そう感じるのかもしれません。
部屋の外観はこちら。
サヌール ロスメン

ダブルベッドルーム。蚊帳を広げるとお姫様仕様?!
サヌール ロスメン

別の角度から。
なんだろうなー、この昭和な感じ。バリに昭和はないけども。
でもきちんと清掃されていました。
サヌール ロスメン

宿名
Hotel Jati & Home Stay(ホテル ジャティ ホームステイ)
URL
http://www.hoteljatiandhomestay.com/
宿泊費
(目安/一部屋/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp400,000 / エアコン&温水シャワー+キッチン付:Rp500,000
所在地
Jl.Danau Tamblingan N0.168-170 Sanur Bali
電話番号
+62-361-281-730(海外から)
0361-281-730(バリ島内)
Email
info[at]hoteljatiandhomestay.com([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りのペニダビューホテルのほぼ正面。



リカ サヌール ホームステイ


奥様が日本人で、旦那様も日本に住んでいた経験があるので、日本語バッチリ通じます。
あてくし、14年前こちらに長期滞在させてもらってました。当時は今の母屋のほうがレンタルハウスだったのでその1室に。とても居心地良かったです。

このホームステイの特長は、庭が広くて樹木と花が多いこと。そして2階建てのメゾネットタイプがあることです。
難点は人気で予約が取れないぃぃ。取れたらラッキーです☆

外観はこちら。ね、緑が多いでしょ。広々して風通しが良いです。
サヌール ロスメン

サヌール ロスメン

1階のリビングとキッチン。
長中期滞在になると自分で料理したくなりますよね。キッチン用品も揃っています。
サヌール ロスメン

別の角度から。
サヌール ロスメン

2階のダブルベッドルーム。シックな、センスの良いファブリックですよね。
サヌール ロスメン

2階のシャワーとトイレ。バスタブが大きくてゆっくり浸かれそうです。
1階にもトイレがあります。
サヌール ロスメン

実はよく遊びに行くわりに、内観写真がなく(撮ったのは人物あり)、淳子さんに泣きついていただきました。あざーす!

宿名
RIKA Sanur Home Stay(リカ サヌール ホームステイ)
URL
https://www.facebook.com/groups/370496883011174/
宿泊費
(目安/一部屋/キッチン付)
エアコン&温水シャワー ワンルーム:Rp400,000 / エアコン&温水シャワー メゾネット(2階建):Rp450,000
所在地
Jl.Kesari Gang Buntu 2 No.16A Sanur Bali
電話番号
未公開
Email
rikasanur16[at]gmail.com([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りからケサリ通りに入り、約150mほど進んだ左側の小道奥。



レスタリ サヌール ホームステイ


欧米人とジャカルタ人に人気の宿。
中庭が広く、プールもあります。

建物は2つに分かれていて、手前の2階建てと、奥の1階建て。
この写真は手前のほう。
サヌール ロスメン

フロントの脇にあるプール。
結構 深いです。めっちゃ日焼けしそうです。奥のガゼボ(東屋)も素敵。
サヌール ロスメン

1階建ての部屋のエントランス。
クラシックなバリ調と、モダンスタイルの融合といった感じ。
サヌール ロスメン

ダブルベッドルームです。
目がチカチカしそうなカラーマッチ(笑)欧米人が好きそうですよね。
サヌール ロスメン

シャワー&トイレ。せまっ!
サヌール ロスメン

RIKAに長期滞在する前、ずっと定宿にしていました。
当時から日本人客が少なく、「どうしたら増えるのか」と相談されたことも。オーナー一家とスタッフは英語がしゃべれるんだから欧米人向けで良いじゃんと思ってましたけど。
オーナーの旦那様はいつのまにかヨガの先生になって仙人みたいです。昔から優しく穏やかな方でした。奥様はマツコ級にデラックスです。笑顔がかわいいの。
プールと小さな噴水ができたおかげで、24時間ずっと流水音がします。若干う・る・さ・い。マイナスイオンだと思えれば良いかも。

宿名
LESTARI Home Stay(レスタリ サヌール ホームステイ)
URL
http://www.lestarisweethome.com←名刺に記載されているが現在不通
宿泊費
(目安/一部屋/朝食付き)
ファン&水シャワー:Rp350,000 / エアコン&温水シャワー:Rp650,000
所在地
Jl.Danau Tamblingan N0.188 Sanur Bali
電話番号
+62-361-288-867(海外から)
0361-288-867(バリ島内)
Email
lestari.sweethome[at]yahoo.co.id([at]を@に変更後、送信してください)
行き方
ダナウタンブリンガン通りのバリハイアットホテル(現在休業中)とマッシモレストランの間。レストラン脇の小道を30mほど進んだ突き当り。


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント