Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

がっつりステーキ、CAFE DES ARTISTES

1つ前のブログで「ウブドへ行くたびメルティング ウォック ワルンに足を運んでます」と書いておきながら、よく考えたら前回寄ったのは違うお店でした。テヘ。

この日は、ペタンでスピ体験したSちゃんご一家とウブド散策。
旦那様のおカデさんってば、バリ人なのに、運転慣れしてるのに、この周辺が苦手らしく、道に迷ったあげく「今日はウブド閉店だっ」と街ごと休業にして帰ってきてしまう始末・・・おもしろすぎます(爆)他人には笑い話だけど、ご家族にとってはねぇ。ウブドへ行きたい同士、道案内も兼ねてご一緒させてもらうことにしました。

Sちゃんから「ランチは肉食おうぜ!肉!!肉~~!!!」と連呼されたものの、ウブドでお肉なんて知らんがな。「ネットに載ってたデスなんとかに行きたい」とこりゃまたざっくりしたオーダーを受け、アイのフォンで「ウブド ステーキ デス」と曖昧なワード検索・・・出てきましたよ!さすがGoogle先生(Yahoo先生だっけ?)

バリ島 カフェ デザルティスト

ウブドはほぼ休まないよ、と思ったらクリックお願いします。
えっと、店名が読めません。
見つけてから食べて帰るまで、ずーーーっと「カフェデスなんとか」って呼んでました。Google翻訳にかけても訳してくれるだけでフリガナまでわからず。ネットで検索したら「カフェ デ アーティスト」とか「カフェ デス アーティテェス」とか。むむむ。
またしてももっと!おいしいインドネシア料理ブログの百合さんに泣きついてみました。なんてったって英語とフランス語の翻訳家ですから♪(プロに頼むことか?頼むことなのか?!本当にすみません)

「フランス語では、『カフェ デザルティスト』。desのsと、ArtistesのAはリエゾン(つながり)というのを起こして(必ず)ザになるから、カフェ デザルティストと2単語として書くのがふつう。念のため、最後のsは複数形のsで、これはフランス語では発音しません」ですって。百合さん、すげーーーー。
しかも「意味はコーヒーアーティストでしょ?」とドヤ顔で訊いた私のトンチキ訳に対して、「アーティストたちのカフェ」と素晴らしくわかりやすく正しい回答。
そのうえ「語学的に正しい正しくないではなく、地元の人がなんて発音してるかに基づくなら、バリでリエゾンなく準じることも可能かなぁ」なんてご配慮付。人と出来てますNE!
ということで、カフェ デザルティストに決定☆
ウブダーがなんと呼んでるかは存じませんが、私の中ではこれです(百合さんのご配慮丸つぶれw)

お店はラヤウブド通りからビスマ通りの坂を上って、ちょっと行った左手にあります。ウブドの道が苦手なカデでも、すぐに見つけられました。わかりやすい看板出てます。
バリ島 カフェ デザルティスト
微妙な日本語表記の「いらつしやいませ」・・・早くもアーティストっぷり炸裂?!

オープンエアの気持ちよさそうなお庭と建物。
ウブドは内陸で、沿岸部に比べたら涼しく、エアコンなしでも十分過ごせますもんね。
バリ島 カフェ デザルティスト

店内の様子。
「アーティストたちのカフェ」の名にふさわしく、素敵な絵が飾られています。ウブドの有名無名画家たちの作品で、数週間おきに替えられるんですって。さすが。
バリ島 カフェ デザルティスト

ちょっとボケちゃってますが、バーカウンターも芸術的です。コーヒーアーティスト=珈琲職人がいるわけじゃないデス。
夜はバーも含めて、予約なしじゃ入れない人気店だそう。ランチですぐ入れて良かった~。
バリ島 カフェ デザルティスト

テーブルと椅子。
普通なのに、なぜか素敵に想えてきます。うっとり。アーティストマジック!(洗脳されかかっとるがな)。
バリ島 カフェ デザルティスト

子連れに嬉しいベビーチェア&テーブルもあります。うっとり。
バリ島 カフェ デザルティスト

着席すると、すぐにウェルカムドリンクが出てきます。
「ニンジンかな」「マンゴーかもよ」と言いながら、まずは鼻でくんくん。ワインじゃないのに。飲んでみると濃厚なオレンジジュースでした。ローカルワルンのようなサッパリではなく、ややとろみを感じるぐらいです(そんな気がするだけ?)。おいしい。
バリ島 カフェ デザルティスト

メニューさえも、うっとり。いや、しない。普通だし!
この横長が食事、縦長がドリンクのメニューです。
バリ島 カフェ デザルティスト

中を開いてみると、スナックやサンドウィッチ、スープなどの軽食から
バリ島 カフェ デザルティスト

魚と肉料理。本日の目的ステーキも。
ステーキは180gのMサイズでRp83,000~(1円=106円として、約783円~。以下同レート)、280gのLサイズでRp95,000~(約896円~)と、この手のオサレ店にしては意外にリーズナボー。
バリ島 カフェ デザルティスト

さらに、インドネシアやタイ料理、ベジタリアン向けも揃ってます。
バリ島 カフェ デザルティスト

ハッ!こうしてメニューを撮影するあたり、バリの人気ブロガー麻里ちゃん形式じゃ~ないの。ひとりでバリばっかはバリ好きさん必見ですよ~。サヌールを中心に、グルメからコスメ、はてはバリ島あるあるネタまで幅広く新しい情報を掲載してます。
撮影方法は真似っこじゃないYO!しいて言うならオマージュだYO!インスパイアだYO!
麻里ちゃん、いつかウブドのブラッドワンギの工場行こうね~(唐突なお誘い)
バリ島 カフェ デザルティスト

戻って、テーブルファブリック。アーテ・・・もういいですね。
バリ島 カフェ デザルティスト

レモンジュース、Rp25,000(約235円)
バリ島 カフェ デザルティスト
至って普通の味でござる。ガムシロップが別添えなのはローカル激甘と違って嬉しいところ。まぁこの手のレストランでは最近当たり前ですね。

メインは初志貫徹で全員、肉!ステーキ、素敵!!
焼き方は、レア、ミディアムレア、ミディアム、ウェルダンから選べます。昔はバリでステーキといえば焼きすぎて硬いのが当たり前だったのに(バリ人は何でも火をしっかり通るまで焼く。とことん焼く)、こうしてリクエストできるようになるなんて・・・ううう。

まずはあてくしのオーダーした「今月のスペシャルメニュー:ソールズベリーステーキ(Salisburry Steak)」、Rp85,000(約801円)。
バリ島 カフェ デザルティスト
ハンバーグに、オニオングレービーソースがたっぷり。本来ならフライドポテトなんですが、マッシュポテトに変えてもらいました。別添えでスチームされたサラダも。ホットトマト、うんめー。酸味と甘みがあります。ってハンバーグも柔らかくてジューシーでおいしいです。グレービーソースは甘すぎず、ワインも利いてて大人味です。ただセミベジなもんで、野菜に感動。
そもそもソールズベリーって何?イングランド・ウィルトシャーの州都なんですね。へー。

Sちゃんご一家はテンダーロインステーキをご注文。
すでに記憶がアイマイミーマインですが、これはRoquefort。クリーミーフレンチブルーチーズのソース。LサイズでRp135,000(約1273円)
バリ島 カフェ デザルティスト
ブルーチーズでありながら、さほど臭みはなく(ちょっと臭いけど)、濃厚なチーズ味。お肉とよく合います。
サイドメニューのブロッコリーグラタンもホワイトソースと塩加減が絶妙です。

テンダーロインステーキの場合、サイドメニューは、フレンチフライポテト、オーブンベイクドポテト、スチームポテト、ガーリックマッシュポテト、ご飯、ミックスサラダ、トマトサラダ、グリーンサラダ、スチームサラダ、ブロッコリーグラタンの中から2種類選べます。芋on芋、野菜on野菜も可。さらに1つRp20,000(約188円)で追加できます。
ソースも追加料金で足せます。2ソースミックス?

お肉、横から見て~。この厚み。カタマリですよ。カタマリ。
バリ島 カフェ デザルティスト

こちらはCafe de Paris。ガーリックとハーブとバターのソース。LサイズでRp99,000(約933円)
バリ島 カフェ デザルティスト

ミディアムレアの切り口はこちら。
バリ島 カフェ デザルティスト
ふふふ、ほんのりピンクですわ。美しい。

そして、こちらがPoivre Creme。クリーミーブラックペッパーソースです。ブラックペッパーなのにクリーミー。
バリ島 カフェ デザルティスト
ひと口いただいてみると、たしかに黒コショウの味がします。ピリッとしつつ、まろやか。
焼き加減がレアすぎると追加オーブンしたら、穴空いちゃってねぇ(笑)しかもカデの「LサイズとMサイズで1万ルピアしか違わないんだからL!」に乗って大きいほうを頼んじゃって、Sちゃんお腹ぱんちくりんになってやんのwww
このサイドメニューのグリーンサラダはどこかのブログでイチオシされてただけあって、種類豊富かつ山盛りでおいしそうでした。私も次回はこれかグラタンがいいな。

〆にillyのカフェラテRp29,000(約273円)までオーダー。
バリ島 カフェ デザルティスト
イリーさん、濃くとまろやかさがあっておいしゅうございました。

なんと、今回はSちゃんご一家のおごり!
いやいやいやいやいや、在住さんに払わせることはできまぺん。おばちゃんみたいに「私が」「いや、私が」の押し問答をテーブルでひと通りやったものの、すでにお支払済みでした。

あてくし、基本的には「自分で食うものは自分で稼ぐ」という男気あふれる精神の持ち主ですが(そう思ってるほうが不思議とお金は回る。もしくは旦那に稼がせるアゲマンになるべし)、ときに感謝しつつありがたく受け取ることも女性性を高める上では大事だそうです。なんでも自分でやろうとすると、本当に男性性が強くなっちゃいますからね。もちろん、いただいたら、お礼は忘れずに。

ごちそうさまでしたーーーー☆

店名
CAFE DES ARTISTES(カフェ デザルティスト)
URL
http://www.cafedesartistesbali.com/
料理ジャンル
ヨーロピアン・ウェスタン、インドネシア料理
税金・サービス
込み?
カード
使用可
所在地
Jl Bisma 9X Ubud Bali
電話番号
+62-361-972-706(海外から)
0361-972-706(バリ島内)
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午前11時~深夜12時
行き方
ラヤウブド通りからビスマ通りに入り、50mほど進んだ左側。


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント