Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

【レストラン】超絶レアな牛かつ「天神」【NEW!】

ところで、奥さん。
めっちゃレアなものを見つけちゃいました。

チャングーの高級菓子「Kohaku(コハク)」のDさんから、「新しくできた牛かつ屋さん、行きました?」と。ナニソレ?初耳!

さっそく足を運んでみましたよっと。

オーストラリア産霜降り牛かつ、ドーーン!
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

アメリカ産和牛トップロイン牛かつ、ドーン!
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

カツ=衣のついた状態で出てきたら、油で揚げてあると思いますよね?
美しいキツネ色ですし、適度に揚げてあるだろうと。

一口食べてびっくりですわよ。
レアもレア
はてしなくレア
どこまでもレア
完全に、疑う余地なく、圧倒的にです。

「こちらは焼いてからお召し上がりください」と最初に説明しろください。
まぁ上質な牛肉は生でも食べられますが。はい、お肉旨し!です。焼いたらもっと。



←↑今日もクリックありがとござます

ロケーション


牛かつ「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」ってどこにあるのさ?ここだよ、ここ!



Jl.Petitengetの和食「Dahana(ダハナ)」がある三叉路をJl. Lebak Sariへ入り、350mほど進んだ左側です。

勘の良いバリ通さんはお気づきだと思いますが、雷グループですね。
「Dahana(ダハナ)」「Rayjin Teppanyaki(雷神)」「Kajin Japanese Contemporary Sushi(華神)」「Si Jin Steakhouse(シ ジン)」に続く新店舗。あてくし、まぼろしの「Kyujin」もチェックしてましたけど(短期閉店)。

周辺はホテルやヴィラ地帯につき、お近くにお泊りの方は散策がてらに寄れます。
このへん、食の宝庫ですよね。格安ワルンは少ないけれど、わりとレベルの高いレストランやカフェが多く、むしろ選ぶのにリンダ困っちゃうレベル。予約必須もちらほらと。
コロナピークのときは一斉閉店で静まり返ってましたが、今はお店によってコロナ前と同じぐらい賑わっています。

そうそう、同じ道沿いの「Si Jin」は人気すぎて半年先まで予約が取れないと在住者間で噂に。ホント?すごくない?


店舗詳細


天神は、2022年5月末か6月初旬にオープン。
開店して2ヶ月なのに、早くも駐車場みっちり。盛況ですわよ。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

車は店頭スぺースに停められます。自家用車3~4台分。バイクはその奥に。
ショップが建ち並ぶエリアなので路駐は厳しそう。
5分ほど歩くものの、ダハナの向かいの広いパーキングも可だと思います。


◆外観

日本家屋を思わせる黒い瓦と木板仕上げの入母屋風な屋根、しっくい風の壁、木製のサッシ。さらに店名が入った暖簾(のれん)。どこからどう見ても日本料理店だとわかります。
明るい色使いにすることで清潔かつ高級すぎず、カジュアルな雰囲気を醸し出しています。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali  バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

英字サインも品のある書体とサイズ。間接照明で浮かび上がってみえますな。さすが。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali


◆内観

見て見てー。ドアノブも木製だよー。流木っぽいよー(細かくてどうでもいい?)。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

ドアを明けた正面が、キッチンとカウンターです。
上部暖簾の「木漏れ日」「恋の予感」ってなんやねん(一応ツッコんでおく)。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali  バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

このオープンタイプのキッチンが最近流行りのようで、島内の新設レストランあちこちで見かけます。客は調理風景を見られるため安心感が増すのと、出来上がる過程がわかって期待感が高まります。
とはいえ、火を使うから熱いんですよね。エアコン効いてても熱気がきます。

店内はさほど広くなく、キッチン前のカウンター5~6席に加え、窓際カウンター4席、4人掛けテーブル5つ程度です。隣とのスペースが狭く、わりとみっちり。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali


◆客層

あてくしが伺ったときは欧米人2割、インドネシア人8割でした。
インドネシア人は国内旅行のリッチ層。外国人旅行者が勢いを増す中で(日本人は除く)、これだけ国内旅行者に支持されてるってある意味強いです。クチコミで客が客を呼んで途切れないのでしょう。

家人いわく「話し方からジャカルタ人とスラバヤ人じゃないか」と。
彼らは一般的によ~くしゃべります。しかも声が大きいんですよ。ガラス張りのエアコンがきいた室内で、全員が大きい声でしゃべるしゃべる…賑やか。はっきり言ってうるせーです。黙食ナニソレ?ですわよ。
このしゃべるのには理由があります。それは…後述します。



牛かつメニューは3種のみ。潔い!
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

  • かつサンド
  • ぎゅうかつセット(オーストラリア産霜降り、日本米ごはん、味噌汁)
  • 和牛滋賀かつ(アメリカ産和牛トップロインMB8-9、日本米ごはん、味噌汁)


食べたもの


ぎゅうかつセットと和牛滋賀かつ、両方オーダーしました。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

ぎゅうかつは200gでRp125,000++(以下1円=Rp109として約1,147円++)。
和牛滋賀かつは100gあたりRp195,000++(約1,789円++)。

ねぇ、奥さん。ぎゅうかつセットって100gがRp98,000++(約899円++)で、200gとはRp27,000++(約248円++)しか差がありませんのよ。食べられるなら200gを頼んだほうがお得です。

見た目レアっぽいな~と思ったんですが、まずは1口食べてみました。そしたらまさかの生(笑)
各テーブルにある小型の鉄板プレートで、お好みの焼き加減にしてから召し上がってください。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

家人は生もの一切ダメなので最初から焼きまくってました。
コツは載るだけ載せて、焼けた順から食べていく。硬くなりそうだったら、いったんお皿に戻す。じゃないとなかなか焼けなくてね。
焼くのに時間がかかるため、みなさん歓談しながら待つんですね。納得。

焼く時間がかかるものの、それを上回るおいしさですわよ。
お肉は柔らかく、霜降りの脂の甘みがじゅわ~~。ちょっと焼きすぎたかなと思っても硬くなりません。噛まずに溶けるほどじゃないけども、じゅうぶんに柔らかいです。
肉の側面だけじゃなく、衣側も焼くとカリッとします。
個人的にはアメリカ産和牛よりもオーストラリア産のほうが脂多めで好みでした。

セットなのでご飯と味噌汁付き。単品で追加も可能。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

日本米だけあってツヤツヤ。ササニシキやはえぬき系なのか程よい粘りと硬さがあります。芯があるわけではなく。これまたおいすぃです。焼き待ちの間についつい食べてしまうのが欠点かな。
味噌汁の具はわかめ、豆腐、ねぎ。薄めであっさり。

タレは2種類、醤油ベースとゴマベース。塩とコショウ。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

あてくしのおすすめは塩!ほんの少しつけるだけでお肉の甘みがめちゃめちゃ引き立ちます。
家人はゴマダレを付けまくってました。醤油ダレはやや薄味なのでワサビと一緒がグッド。

お茶、ホット・アイスともにRp18,000++(約165円++)。
バリ島「Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)」Memo Bali

ほうじ茶か番茶じゃないかと。適度な渋みと苦み、香ばしさがあって良いですね。ちょっとクセがあるため好き嫌いが分かれるかも。


感想まとめ


いやはや、バリでこんな上質な牛肉が、この価格で堪能できるとは驚きです。嬉しい悲鳴があがりそう。ぎゃー。
そりゃ混みますわ。今後も混み続けるでしょう。

自席で焼くため、帰宅したら髪の毛から服・バッグ・靴まで見事に臭かったです(笑)焼肉よりも油っぽい匂いに。
排気はしっかりしてて煙出てなかったんですけどね。気になる方はバッグに持参のビニールシートをかけるなり、対策しましょう。

このブログを読んだ方は大丈夫だと思いますが、焼いて食べる必要があることを事前に口頭で説明してもらわないとわからないです。毎回言うのが手間だったり忘れるようならどこかに貼っておくとか。

GoogleMap大先生のコメントによると、熱した鉄板を落とされた方がいるとか。あてくしが行ったときは大丈夫でした。対策…しようがないですけどね。
そうそう、鉄板を焼くのに約5分かかります。できれば最初に1人1枚ずつ焼いてもらいましょう。小型なので何人分も載せられません。

って感想じゃなくて注意事項になっとるやんけ!
おばちゃん、応援しとるで。

では、ごきげんよう。

店名
Gyukatsu Tenjin(ぎゅうかつ天神)
URL
https://www.instagram.com/tenjinbali/
ジャンル
和食、日本食
所在地
Jl. Lebak Sari No.31, Kerobokan Kelod, Bali
地図
電話番号
海外から:+62-888-0229-8859
バリ島内:0888-0229-8859
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午前11時~午後10時
予算
Rp100,000~250,000++程度(食事+ノンアルコールドリンク/1人あたり)
税金・サービス料
税金:11%、サービス料:5%
支払方法
現金(ルピア)、クレジットカード(VISA、MASTERなど)
言語
英語:〇、インドネシア語:〇、日本語:×
席予約
デリバリー
未確認
ドレスコード
なし
Wifi
あり
たばこ
店外で喫煙可
駐車輪場
車:3~4台(店頭)、バイク:あり(店頭)


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

tag : #インドネシア#Indonesia#バリ島#Bali#クロボカン#Kerobokan#レストラン#日本食#焼いて食べる牛かつ#かつなのに生

コメントの投稿

非公開コメント