Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

【徒然雑記】年末年始を含むバリ島の様子【局所】

Rahajeng Warsa Anyar 2021
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

バリ語の「あけおめ」にあたる「Rahajeng Warsa Anyar」は、ART BOSAのSNS(Instagram / facebook)で初めて知りました。
ART BOSAは味のあるイラストとシュールな文章でじわじわくる投稿が多いですよね。すでにフォローしているバリ好きさんも多いと思いますが、よろしければ「いいね!」をどうぞ(勧めたところで部外者death)。


ところで、奥さん。
12/30に「あと1本ブログ書けるかなぁ」なんてSNSでほざいたものの、結局一文字も書かず、年末のご挨拶もしないまま、しれっと年越しちゃいました。
今さらですが、良いお年を(362日後)。

年始一発目は、「あてくしは見た!'20-21年末年始バリ島の、特にチャングー~ブラワ~クロボカン~ダルンはこんな感じだったYO!」をだらだら綴ります。

写真は12月下旬に撮影したブラワビーチ沿いのFinns Beach Clubの様子です。
平日にも関わらず超ミツだったんですが、あえてツッコミくらわないよう人が少ない夜景を掲載します。雰囲気だけでも楽しんでいただければ。

バリ島「Finns Beach Club(フィンズビーチクラブ)」Memo Bali

この日は12~15時と18~21時がハッピーアワー。ビンタンビール(小)を1本買うともう1本無料でした。2本でRp55,000++(1円=Rp130として約420円++)ってこの手のお店にしては激安。いつまでのプロモか謎です。
バリ島「Finns Beach Club(フィンズビーチクラブ)」Memo Bali  バリ島「Finns Beach Club(フィンズビーチクラブ)」Memo Bali


←↑今年もクリック、よろしくどうぞ

混雑度はエリア・業種・時期


コロナ禍で島内の観光客は激減、行く先々閑散…と言われるバリ島ですが、
混雑度はずばりエリアと業種と店舗によります。時期・曜日・時間帯も。
このご時世であてくしも遠出を控えているため、全エリアの全時間の全業種をリサーチしたわけじゃありません。人生の先輩・友人・知人などから得た情報を加えています。日々刻々と変化してますので、以下ご参考程度にどうぞ。


◆エリア別の様子

7月末からインドネシア国内観光客(ジャカルタやスラバヤなどのオサレなリッチ層)、10月中旬からはビジネス渡航(という名)の外国人が入域しはじめて、一時期より活性化してきました。
以下、チャングー~ブラワ~クロボカンはこってり、ほかはさらっと。


◇クタ~レギャン~スミニャック

意外と客足が戻らないのが、クタ~レギャン~スミニャックです。
クタの日本食スーパーPapaya Fresh Galleryとインポート食品が揃うGrand Luckyは日や時間帯によって激混み。
大型ショッピングモールbeachwalk Shopping Centerもそれなりに人はいますし、Jl. Dewi Sriは営業しているお店が多いです(夜はナイトマーケット風になるらしい)。
Jl. Kartika Plaza、Jl. Raya Kuta、Jl. Pantai Kuta、Jl. Legianはお土産屋が多いせいか閑散。ポツポツ開いていますが、シャッター街のゴーストタウン化していてちょっと怖いです。
ビーチも以前の1/10程度の賑わいかと。国内旅行者がいて、物売りは一部復活しています。
ビーチ沿いのホテルは開いてたり閉まってたり。スミニャックの五つ星ホテルAnantara Seminyakで働く親戚によると、8月からやっと再開し、今は国内観光客を中心にそれなりの数のお客様がいらっしゃるそうです。ちなみにウルワツのAnantara Ulwatuは5~6月頃からお得なプロモによるお値段以上のサービスと雰囲気と立地のおかげで予約が取れないぐらい混んでるとか。

スミニャックのBintang Supermarketあたりから歩いている外国人が増えてきます。
Jl. Raya SeminyakとJl. Raya Basangkasaは営業してるんだかしてないんだかパッと見わからないぐらい活気がなし。開いてて入ってもメニュー厳選で食べたいものがないことも(某店へデザート狙いで行ったのになかった)。
Jl. Sunset Roadのアジア最大級Starbucksはそれなりに車が停まってますし、日本食ワルンKZU Wabi Sabiは昼間ほどよく賑わってます。

コロナ前に人気上昇で大賑わいかつ大渋滞エリアだった、スミニャックのJl. Kayu AyaからクロボカンのJl. Petitenget、さらにJl. Batu Beligにかけても、心配になるぐらい人や車やバイクが少なめ
ビーチ沿いのレストランは人気なのかしら?道路から中は見えないものの、KU DE TAには車やバイクがちょいちょい入っているようです。ビーチクラブPotato Headはずっと休業?奥まってて見えません。
あてくしの大好きなアジアンキュイージSarongも一向に再開せず(泣)同チーフシェフのmamasanは営業しています。


◇ウブド

実は10月中旬に行ったきり。
そのときはThe Kayon Jungle ResortのESCAPE プロモに参加しました。1人Rp125,000(1円=Rp130として約925円)で平日11~19時までレストランとプールの利用可。食事1セットと飲み物1杯込。通常時なら1泊400万レベルの5つ星ホテルなので超お得!instagramで確認したら1月も実施しているようです。

バリ島「The Kayon Jungle Resort(ザ カヨン ジャングル リゾート)」 MemoBali  バリ島「The Kayon Jungle Resort(ザ カヨン ジャングル リゾート)」 MemoBali

この日は午前中 人が少なく、3段造りのインフィニティプールを優雅に使い放題。午後になると国内旅行者が増え、夕方には近所のリッチ層と思われるバリ人がご家族連れで来訪。カヨンジャングルは15歳以下と明記されていますが、この時期はお子さまもOKのようです。遅くなるほど市民プール並の混雑でした。

最近ウブドに足を運んだ友達数人によると、かつて観光客が多かったJl. Monkey ForestとJl. Hanomanはいまだ閑散シャッターの閉まっているお店が続いているようです。クタ同様お土産屋が多いせいでしょうか。
Jl. Raya CampuhanとJl. Raya Nyuh Kuningは開いてるお店が増えたとか。あてくしが通ったときはJl. Raya Sayanもそれなりに車やバイクの通ってたんですけどね。


◇サヌール

気づけば1年ぐらい行ってないかも。。
Plaza RenonのPapayaDAISOには時々買い物にいきます。

RIKA Sanur Home StayのJunkoさんに聞いてみたら(以下コピペ)
「今、昼寝から目覚めましたー。
Jl. Danau Tamblinganのレストランはだいたい開いているかな。土産物屋さんは閉めているところも。
スーパーArtasedana(元Hardy's)横のThe Oasisが閉まっているのが、ちょっと寂しい感じ。
ビーチ沿いHyatt Regency付近のお洒落カフェは年末近くに全部オープン。ハイアット付近しかわかりませんが、在住者に人気の所はいつもお客様入ってます。
イタリアンMassimoは年末からの国内旅行者で激混みと聞きました。
五つ星ホテルMaya Sanur横のEbis Kitchenの2階にシャ乱Qはたけさんがライヴハウスオープン。
Warung Kecilはうちの近所にオープンしましたよ。ここは店内ブサールで利用しやすいです。いつもお客様あり。おかずはハイアット横と同じ」
ですって。大変わかりやすい情報をありがとうございます(THE 他力本願)。
個人的にはハーディーズがアルタセダナに変わってたことに衝撃を受けました。


◇デンパサール

大きな市場Pasar BadungとPasar Kumbasari、さらに布問屋が並ぶJl. Sulawesiで買いたいものがありつつ、感染多発地帯なのであえて避けてます。Go-JekやGrabでもオーダーできるようですが。

12月下旬の日曜、プリンタインクとコスメがほしくて、大型ショッピングモールMatahari Duta Mall Plazaに行きました。駐輪場も店内のレジも行列ができるほど大混雑!客層ほぼほぼバリ人、一部国内旅行者。土日の客足、半端ないです。平日は知らんけど。
RamayanaLevel 21もそれなりに混んでると思います。
平日の道路渋滞は以前ほどではなく、車やバイクで移動しやすくなりました。


◇ヌサドゥア

ヌサドゥア~ブノアも1年以上行ってないかも。
ジンバランは入国管理局へ行くついでに通りました。閑散としてたなぁ。

在住友達によると、4月の規制以降ホテルやショッピングモールは閉まり、ホテル勤務のインドネシア人は田舎へ帰省。営業しているレストランやワルンを探すほうが大変だったようです。
7月末の国内観光客の入域後から徐々にホテルがプロモ価格で再開。さらに国や州のカンファレンス(会議や研究会)などが催され、高級車がずらり停まっていることもあるとか。


◇チャングー~ブラワ~クロボカン

このエリアは島内最強かと。コロナ禍も何のその「ホントに入域規制中なの?」とツッコミたくなるほど店舗によっては集客があり、賑わっています。

実はチャングーのメインストリートJl. Pantai Batu Bolongと、Jl. Pantai Batu Mejan、Jl. Tanah Barakあたりは8月まで閉店が多く、閑散としていました。なんで閉まってたんでしょうか?デサやバンジャールの要請??
その西側のJl. Padang LinjongとJl. Pantai Pererenanはわりと営業。このあたりは小さいカフェやレストランが多いんですよね。こじんまりと。
チャングーの東側のJl. Pantai Berawaはほぼずーーっと営業。チャングーが一時的に閉まったおかげか、店舗によってものすごく混んでて密でした。
クロボカンは最先端かつオサレなショップが並ぶクロッドではなく、どちからといえば在住者の多いカジャが根強い人気。徒歩で行きにくいJl. BumbakやJl. Raya Semerはそれなりに賑わっているワルンやレストランが点在しています。
観光客が減ったのは7月下旬に発出された入国規制にともなう救済措置の終了(VOA入域者はVISA延長申請しろ発令)以降。それも一時的に落ち込んだだけかと。
今は最盛期の6割程度復活していると思われます(個人的推測)。

勝因として考えられるのは、
  • お土産屋が少なく、カフェやレストランが多い(わりとオサレで美味しい)
  • 在住および長期滞在の外国人が多く、みんな出たがり(家でじっとしていられない?)
  • 値段が多少高くても、雰囲気と味が良ければ散財する(コロナの影響が少ない業種?)
  • 行けば営業している安心感がある(これ意外と重要)
あたり。
バリ島に限らず、払える人がどんどん使わないと経済は停滞します。金は天下の回りものですから。

12月下旬はJl. Raya Cangguの渋滞がひどくなりました。昼~夕方にかけて車がほぼ進まなかったです。交通量が多いのと、道の作りが悪い。警官が交差点ごとに交通整理していましたが、いても混雑、いないともっと混雑。
車のナンバーを確認すると他州のP・B・Aなどいつつ、バリ州のDKが断然多かったです。みんなどこからどこへ行ってるの?DK車はバイク通行用に左側を開けるのに他州は開けないせいで後続バイクまで詰まってイライラMAXでした。

<クロボカン>
昼間はフュージョンデリWarung Duaとウェスタン&インドネシア料理Nookが連日人気。バイクや車が停めにくく、テーブルの空きを探すほど混んでます。一時はシナモンロール専門店のSinamon Baliも賑わってましたが、少し落ち着いてきた模様。
夜はイタリアンLa CasettaやイングリッシュパブThe Plumbers Armsが満席になるほど在住外国人で盛り上がってます。
あとオーガニックフードのBali Budaはテイクアウト客で混んでるかな。

<ブラワ>
Jl. Batu Beligから続くJl. Subak Sariに入ったとたん、活気づいてきます。
ビーチクラブCafe del Marは11月だか12月から再開したようで夕方近くなると車が吸い込まれるように入っています。最盛期ほどではないですが。
モダンウェスタンのOnaも日によって満車。オーナーがジャカルタ人奥様なので国内旅行者の集客に長けてるのかと。

Jl. Pantai Berawaを北上すると、ヴィーガン料理Peloton SupershopとカジュアルなSecret Spotが日によってバイクずらり。
カフェ&レストランSATUSATU COFFEEは朝~昼にかけて賑わってますし、カジュアルフレンチWarung Goutheは昼~夜途絶えることになく来客があります。座る席を探すのが大変!
一時は閉店していた創作日本料理Indigoも夜は日によって7割埋まっています。
Jl. Pantai Berawaを西へ進むと、昼夜問わず国内旅行者と在住(主に欧米人)の両方に人気店が並びます。カジュアルレストランMilk & Maduは3ヶ月ぐらい閉まってましたが、今は外国人と国内旅行者で席がない日も。ピザ1オーダーで1フリーとかレディースデーなどうまくプロモを絡めていますね。
Milu By Nookもわりと広いのに7割埋まってます。ここはバリ人経営で国内旅行者に人気。
7 Islands by Coffee 'n' Ovenは去年1度も閉店しなかったと思います。毎日18時までの営業ですが、朝から夕方までコーヒーを飲む人たちで賑わってました。
海に向かって南下するとウェスタン料理のSynkonahはやや波があるものの、2階までみっちり満席のことも。ここは欧米人だらけ。アジア人はあまり見かけません。
さらに12月上旬オープンしたイタリアンMilanoが早くも人気。16時開店で19時頃には席がなく、立ち飲みの空席待ち。すごすぎ。
海沿いに建つビーチクラブFinnsは12/10に再開。冒頭に書いたとおり12月下旬に行ったんですけど、平日にも関わらずひっくり返るほど混んでました。軽くしぇんにん超え(あえて翻訳しにくいように「千」)。サンセットまでは子連れの国内旅行者がプールで遊び、そのあとは欧米人を中心に大人タイムになってました。
ビーチレストランのいうかワルンっぽいLa Vela BaliHula Hulaも週末はほぼ満席。ビーチはバリ人ご家族連れもたくさん。息抜きに良いですよね。

北上してJl. Raya Sematだと、昼間はカフェBAKED.GOWES COFFEEHungry Birdあたりが人気。
夜は日によるものの、イタリアンFucina、タイ料理555 THAI、同じくタイ料理Thai Kitchenが日によって混みあってます。
あ、Warung Canteen Cangguも連夜7割埋まってますね。ビールが安いので呑兵衛に人気。

<チャングー>
メインストリートのJl. Pantai Batu Bolongを南下していきましょう。北側はローカル向けの格安ワルンがほとんど。
ずっと閉まっていたバーBlack Sand Breweryは10月頃から週末のみ営業。外から見えないよう衝立ができてしまいましたが、バイクの数をみると半端なく混んでるはず。ドラフトビールがおいしいので飲みメインで来てる方が多いです(アルコール…バイク…飲酒うn…以下省略)。
ラーメン浜虎も一時はテイクアウトのみの対応でしたが、一帯が閉まる中でいち早く開けたおかげか、新メニュー登場のおかげか賑わってます。
ポリネシアン料理Moana Fish Eateryはコロナ閉鎖時に全面改装を行い、新装開店。以前は予約しないと入れなかったのですが、今は予約なしでかろうじて入れます。
昼はベーカリーMonsieur Spoonでくつろぐ方がちらほら。
さらに南下して海に向かうと意外と人が少なく、営業しているお店も少ないです。その中で、とびきりオシャレなレストランMasonは異彩を放つ存在。ハイソな客層で賑わってます。
Jl. Munduk CatuのPenny Laneもオシャレ度が高く、広々していて昼夜そこそこお客さんがいます。

Jl. Tanah Barakだと、イタリアンPizza Fabbrica、ベジタリアンThe Shady Shack、イタリアンLa Baraccaは変わらず集客力あります。
外からは見えにくいんですが、モロッカン&ウェスタンのYema Kitchenもプール付きで居心地がよく、適度な人気。

Jl. Batu Mejanでは、Deusは一時心配になるほど空いてましたが、今は復活しています。
隣のイタリアンLuigi's Hot Pizzaは開いたり閉まったり。営業してる?一時は衝立で覆われて中が見えませんでした。同オーナーのDa MariaMotel Mexicolaは再開しています。

ビーチ沿いに建つバーOld MansThe LawnEcho Beach ClubLa Brisa Baliは再開後すごーーく賑わってますね。


とはいえ、今だけかも。
例年クリスマス&ニューイヤー休暇終了後、雨季の1月中旬~3月にかけて旅行者がググッと減るんですよね。
このまま規制が続けば、2月の春節時に中国人観光客は入って来られないし、3月の卒業旅行シーズンも日本人観光客は厳しいかと。
乾季で波が良くなれば、経済的に余裕のある世界的なサーファーたちがあの手この手で入域するでしょう。


'20-21 大晦日~元日の様子


はぁ~、またしても長くなりましたね。
やっとあてくしの年末年始にたどり着いたYO!


◆バリ州知事通達

12/30付でSNS(facebook / Twitter)に速報をアップした通り、
バリ州知事は「新型コロナウイルス(変異株含む)の感染防止対策として 年末年始2020年12月30日(水)~2021年1月2日(土)まで夜間のコミュニティ活動を最大23時までに制限する」という回章を発出しました。

この発表を受けて、在デンパサール日本国総領事館から届いた詳細メールによると
2020年12月30日から2021年1月2日までの期間、午後11時から翌朝午前5時まで夜間外出を禁止」し、「飲食店などは午後11時に閉店しなければならず、同時刻以降は治安当局によって解散させられるとし、違反した者は2020年バリ州知事令第46号に従い処罰される」とのこと。

ほぼ当日発表して施行。それだけ緊急性が高いんでしょうね。
前日から知っていたら食料品を買い込んでたのにーー。


◆大晦日

◇スパ&マッサージ

「今年の疲れは今年のうちに」とスパへ行くことにしました。揉まれたいぃぃ、揉みほぐされたいぃぃ。
でもね、奥さん。うちからブラワやチャングーへ行くには渋滞をかいくぐらないといけないんですよ。せっかくリラックスしても、またイライラMAXは嫌。

で、クロボカンのJl. BumbakにあるManik Bali Massageへ行ったら、この日のセラピスト1人のみで夕方まで先約あり。Jl. Raya SemerのCakraは休業。Jl. BedugulのMassaji Spaも休業。ムキーーーーッ!
スパやマッサージは濃厚接触になる可能性が高いせいか、客が少ないせいか、開いてる店舗を探すのが大変
結局Jl. Raya KerobokanのPijat Tradisionalへ。ここ、枕も敷布団も寝そべるのに勇気がいるぐらい超ローカル仕様です。マッサージオイルも何使ってんだか。交通量が多い道沿いなので、車とバイクの騒音がすごいし、排気ガスも入ってきます。でも、ジャワのおじさんの腕は良いです。以前おばさんのも受けたんですが、凝りがほぐれて軽くなりました。60分Rp70,000(1円=Rp130として約540円)。観光客には絶対に勧めませんけど。


◇夜ごはん

「ブラワ~チャングーは特に多くの人出が予想されるため、夕方から警官や軍隊を配備する」とニュースサイトだかSNSに載っていたものの、19時頃Jl. Pantai Berawaを通ったら道沿いの警備ゼロでした。あてくしの視界に入らなかっただけ?いや、たぶんいなかったぞ。

'20ラストディナーはTYGR Sushi
店内4人掛けが7~8テーブル+カウンター20席程度。すでにほぼ満席。うちらのあとは空席待ちでした。
が、20時過ぎにお客様は潮が引くようにいなくなりました。スタッフに訊いたところ、デサの通達によりこの一帯は21時閉店だそうです。

食後、近くのビーチクラブFinnsを再び偵察。
NYE(New Year Eveパーティー)は事前予約が必要で、すでに混雑により入場規制がかかっていたため、ビーチ側から見ました。警官とプチャラン(村の警備員)がごっそり!物々しい雰囲気を醸し出してましたよ。

バリ島「Finns Beach Club(フィンズビーチクラブ)」Memo Bali  バリ島「Finns Beach Club(フィンズビーチクラブ)」Memo Bali

Finnsに食い込むように建つWayan Beach Barのオーナーが家人の20年来の知り合いで、立ち話がはじまってしばらくステイ。彼いわく「Finnsは23時まで営業」だそうです。23時閉店でスタッフはそのあと帰るのかしら?

あてくしたちは21時半すぎにそそくさ帰宅。その時点で道沿いのレストランもカフェもほぼ閉店ワルンとカキリマは一部営業していました。


◇花火攻防戦

今年は花火禁止令も出ました。
おかげでローカルエリアのダルンでも静かに過ごせると思いきや、23時頃からバン…バン…と間をおいて鳴りはじめました。音がするたびにプチャランのバイク音が聞こえます。穏やかな会話(注意の声)。バン…バン…ブーンブーン…ごにょごにょ…バン…バン…ブーンブーン…ごにょごにょ…もう完全にイタチごっこ
0時をまわるとプチャランの警備時間終了なのか、しびれを切らしたのか、堪えきれないのか、あちこちでバン!バン!バン!バン!通達、完全スルー。打ち上げないと死んじゃうの?

「花火はバリ正月の象徴」という方もいますけどね。少なくとも20年前の当時もっとも賑やかだったクタビーチでさえ、ほぼ上がってませんでしたよ。花火が高価なうえ、性能が悪く、出回ってなかったから。外国人が持ち込んだショボいのがたまに上がってました。
パープー笛と爆竹はありました。酔っ払いがケツ触ることもありました。
・【参考】 Memo Bali Blog:クタビーチでビールを売りまくった年越しの思い出

あてくし、'16~19年の4年ほどバリ島で年末年始を過ごしたんですが、年々強烈になる爆音に耐えかねて、'20年はこの時期だけ一時帰国しました('19年は近所の寺院建立祭があってやや静かだった)。もうね、バーンバーンじゃないんです。バババッババババッバババッババババババ!!!!って延々2時間ぐらい続くんです。じゃかっしーわヽ(`Д´#)ノ


◆元旦

朝5時まで外出禁止令が出たおかげか、静かな幕開けでした。朝7時頃から大雨だったし。
サヌールでは美しいサンライズが見られたそうです。

お昼近くにはバイクや車が走り、いつもと変わらない日常が戻ってきました。
ランチはBabi Guling Men Lariへ行ったんですが、当然「Happy New Year」も「Selamat tahun baru」も言われず。「mau minun apa?(何飲む?)」って聞かれただけでした。
いいですね、この感じ。正月もへったくれもなくて。


さて、'21年はどんな年になるでしょうか。
みなさまにとって、爽やかで健やかで美しく…爽健美茶か!とツッコミたくなるような素晴らしい1年になりますように。
願わくばコロナが収束して、バリ島旅行ができるようになりますように☆

では、ごきげんよう。

関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント