Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

【スイーツ】美しいケーキに魅せられて「ヴァンサン ニギタ」

ボンジュール、マダム。
カタカナのパリ(フランス)とバリ(インドネシア)って間違えやすいですわね。
あてくし、日本の書店で「パリ流 素敵な着こなし」てな雑誌のタイトルを見つけて、「はて?バリ島の着こなしとは?」と首をかしげた経験があります。正装のクバヤまたはパサール(市場)のリゾートワンピースやパンツの紹介かと。

バリ島にはフランス人シェフによるレストランが増えていて、ついに本格パティシエも上陸しましたのよ。
その名は「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」。

バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

あぁもう…ここはパリかしら?と勘違いするほど、美しいスイーツたちが並んでいます。ショーケースを前に、ため息とヨダレしか出て来ませんんん.◦(pq*´꒳`*)♥♥*。

←↑クリックしてくださると陰で喜びます

素敵な店構え


◆瀟洒な外観


「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」はチャングーと言われるティブブネンの田んぼが残るのどかなエリアに、2019年12月オープンしました。

重厚感のあるレンガと都会的なモノトーンを組み合わせた印象的な外観。南国バリでありながら、欧風パリ感が漂っています。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」
余談ですが、この横長のレンガは特注で、通常サイズよりお高いんですって。某ホテルの広報さんがおっしゃってました。

甘いモノへの嗅覚が人一倍鋭いあてくしですが、さすがにこの外観では洋菓子屋とわかりませんでした。パティシエの文字、ちっせーし。
一旦通り過ぎたものの、サイドパネルに気づいて戻りましたの。「何、このパイナポーの形をしたマドレーヌのようなものは?!」と。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

◆洗練された店内


ガラスのドアを開けてみると…まさにシャレ乙☆
コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな内壁、デザインされたメタル調の照明、磨かれたガラスのショーケース、上部に弧を描く緋色のディスプレイラック、シーズナブルなチョコレートのツリー。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」
並べてあるギフトボックスすら、美しく見えますわね。これぞ、フランスマジック。
そして、ほのかに香るバターと砂糖。あぁ五感に訴えてくるぅぅ。

現在は対面販売のみですが、2階にデザートバーを計画中だそうです。来月(2月頃)オープン予定だとか。楽しみ、楽しみ♪

◆愛のあるパティシエ


パティシエは、このパネルの「ヴァンサン ニギタ」さん。
お名前をそのまま店名にしたんですって。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」
ちなみにVINCENTは欧米圏の男性名または姓。米語だとヴィンセント、ドイツ語だとフィンツェンツ、イタリア語だとヴィンチェンツォと読むそうです。
バリ人スタッフから「日本人にもいる名前なんでしょ?」と聞かれたのですが、そんな姓名の方に今までお会いしたことないです。ニギタのほう?もいないなぁ。

ご本人、たまにお店にいらっしゃいます。
タレントのセインカミュまたはマジシャンのセロ似。背が高くて、線が細い。物腰は柔らかく穏やかです。
丁寧にシューアラクレーム(シュークリーム)について説明してくださいました。スイーツ愛にあふれてますわよ。でも、あてくし英語がわからず。スタッフにインドネシア語で再度説明してもらいました。中にクリーム入れるかって話だったようです。ごめんね、ムッシュ。

珠玉のケーキたち


ええ、ええ。片っ端からチョバり(試し)ましたわよ。食べなきゃお伝えできないですから←変な使命感。それを言い訳に食べたいだけ

ケーキやタルトは全体的に小ぶりです。上品で繊細。
わりと(かなり)濃厚なので、1個でも満足感がすごいです。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」
オカンの「お腹いっぱい食べなさいよ」的な手作り菓子とは大きく異なりますね。

お持ち帰りにすると、専用箱に入れてくれます。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」
それがね、奥さん。ズレないよう食用粘着剤で止めてくれるんです。ケーキと台紙もくっついてるし、台紙と箱もくっついてます。スタッフいわく「ゼラチンに似た食材を使ってる。味に影響しない」と。なんて素晴らしい心遣いでしょう。

◆柚子レモンタルト


スタッフにおすすめを聞いたところ、「さっぱりしてて好き。柚子って日本のでしょう?」と。正解!
凹状のショートブレッド(小麦粉にバターや砂糖を練り込んだクッキー生地)に、ほのかな酸味の柚子クリームと、チョコレートと生クリームをまぜたアーモンドガナッシュがたっぷり。モンブランを思わせる美しい線状のクリームの上には、卵白で作ったメレンゲ、食用花、金箔(!)をトッピング。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp70,000(1円=Rp124として約565円)
えーっと、さっぱりしてないです(笑)ショートブレッドの中はスポンジケーキだと思ったんですけどね。全部たーーっぷりクリーム。ものすごく濃いぃぃです。
柚子クリーム自体はしっかり裏ごししてあって滑らか。味もレモンじゃなくて柚子。丁寧に作られているのがよくわかる1品です。

◆マンゴーエクレア


こちらもスタッフおすすめ。
ココナッツとライムで作った平らなサクサクビスケットに、バニラとマンゴーのムース。そのうえにマンゴーとパッションフルーツを練り込んだチョコレートが載っています。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp60,000(約484円)
同じく濃厚。エクレアってシュー生地の中にクリームが入ってるものだと思い込んでました。すべてムースとは。ある意味、語源と言われるエクレール=稲妻が走りました。衝撃。

◆ココアリーフ


個人的に一番好きなのが、これ。
そばガレットのビスケット台に、そば粉とバニラのスポンジケーキ。さらにキャラメルムースを、チョコレートでコーティング。上部にはチョコレートで作った葉っぱ。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp65,000(約524円)
落ち葉を拾って載せたんじゃないですわよ。ヌガーチョコレートで葉をかたどり、スプレーで色付け。アートな葉っぱです。
見た目だけでなく、味もヨシ。最下部のビスケットはサクサク。スポンジはしっとり。クリームは滑らか。コラボがお見事。

◆マドレーヌ・シュークリーム


今まで食べた島内のマドレーヌでは、現時点で1位確定♪
ふんわりバターとサクサクなのにほんわり生地で美味す~い。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」 バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

マドレーヌのプレーン1個Rp15,000(約121円)、チョコレートRp20,000(約161円)。
シュークリーム1個Rp15,000(約121円)
乾燥しやすいらしく、先週から袋入りしか売っていません。ほしい個数選んで買えるのが良かったのに。デザートバーが開店したおりには復活してくれるといいですけど。

◆チョコレート・マカロン


1粒から購入可能です。チョコレートもマカロンもフルーツ系から紅茶味まで。
どちらも1個ずつしか食べてないのですが、チョコレートは柔らかい生チョコをコーティングしてあります。口に入れると、とろ~り。
マカロンは外側サクッ、中はやや粘りのあるクリーム。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

チョコレート1粒Rp20,000(約161円)~
板チョコ1枚Rp98,000(約790円)
マカロン1個Rp30,000(約242円)

◆サントノーレ


フランスを代表するケーキ。特別な日に出されるお菓子として親しまれているそうです。
凹型のショートブレッドに、塩キャラメルとバニラ生クリーム、さっくりタイプのクッキーシューと薄チョコレートをトッピング。
見よ、この芸術的なデコレーションを!
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp65,000(約524円)
甘ーーーーーーい!!!
いやはや、スイーツ好きなあてくしさえ、この手加減なしの甘さにノックアウトされました。だってひたすらクリームとキャラメルなんですもの。これは相当気合入れないと途中でギブします。食べましたけど。サンドウィッチやバーガーなどと交互が良いかも。
特別な日にいただくってわかります。毎日食べてたら内臓どっかおかしくなるかと(失礼)。大の甘党さんはぜひチャレンジくださいね。

以下さっくりと。

◆フロム パリス トゥ バリ


平らなショートブレッドに、シュー生地。シューの中はヘーゼルナッツクリームとヘーゼルナッツのプラリネ(ローストしたアーモンドや焦がしたキャラメル等)。上にはホイップした生チョコレートクリーム。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp80,000(約645円)
チョコレートとヘーゼルナッツ尽くし。でも見た目ほどしつこくなく。シュー生地が良いクッションに。

◆ラズベリー&ピスタチオ タルト


凹型のショートブレッドに、ピスタチオの柔らかいビスケットとラズベリージャム。その上にはピスタチオクリームがたっぷり。最上部にはラズベリーボンボン。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp75,000(約605円)
これも濃厚。ピスタチオのしょっぱさはなく、しつこくて甘い。ラズベリーの酸味がテンション。

◆ココアパッド


ブラウニービスケットに、クランチココアサブレ。板チョコ、ミルクチョコレートクリームのムース、ココア。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp70,000(約565円)
チョコレートを堪能したい方はこれ。チョコレートの苦みが大人味で、甘すぎず。いや、甘いけど。わりとさっくり食べられます。見た目もユニーク。

◆チョコレート シーソルト タルト


バリ島東部アメッド産の塩を使用。チョコレートサブレに、軽めのチョコレートムースをチョコレートでトッピング。同じくチョコレートムースのクリームに、Nマーク入りのチョコレートをオン。
バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」  バリ島「VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)」

1個Rp65,000(約524円)
チョコレート三昧。濃ぉぉぉい。クリーム尽くし。


見た目・味・雰囲気だけでなく、価格もパリですわよ。ケーキ1個でナシチャンプル3~4個買えますから。
でも長時間フライトせず、美味しいものが食べられるのは嬉しいですね。
特別な日に、ご褒美に、ちょっとした息抜きにどうぞ。

では、ごきげんよう。

店名
VINCENT NIGITA PATISSERIE(ヴァンサン ニギタ パティスリー)
URL
http://vincentnigita.com/
https://www.facebook.com/vincentnigitapatisserie/
ジャンル
スイーツ(ケーキ・タルト・焼き菓子・チョコレート・ジャムほか)
所在地
Jl. Tegal Sari No.5 A, Tibubeneng, Bali
行き方
Jl. Raya CangguからJl. Pantai Berawaに入り、道なりに南へ2Km進む。特に目印のない交差点をJl. Tegal Sariへ右折し、100m弱進んだ右側。
地図
電話番号
海外から:+62-811-3940-9994
バリ島内:0811-3940-9994
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午前10時~午後8時
予算
ケーキ・タルト(1個)Rp55,000~75,000、マカロン(1個)Rp30,000、チョコレート(1粒)Rp20,000、マドレーヌ(1個)Rp15,000~
税金・サービス
込み
支払方法
現金(ルピア)、クレジットカード(VISA、MASTERなど)
言語
英語:〇、インドネシア語:〇、日本語:×
席予約
現時点ではテイクアウトのみ。2020年2月頃 2階にデザートバー開店予定
デリバリー
可(GOJEK、Grab)
ドレスコード
なし
Wifi
なし
たばこ
喫煙不可
駐車輪場
車:かろうじてあり(店頭)、バイク:あり(店頭)


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント