Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

【レストラン】高いが旨い!ステーキ「ボーイ アンド カウ」

たまには、ステキなステーキが食べたいの♡

で、どこ行こうかしら?
お気に入りの某店(いつの間にかロンボク島ギリアイルに2号店?!)はオージービーフと思えない柔らかな口当たり&ジューシーなお肉だけどメニュー改訂でソースの種類が選べなくなったし、某店(北上した先に大きな2号店が開店)はカジュアルな雰囲気とお手頃価格が魅力だけど店内が暑いのと日によって客がうるさくて落ち着かないし、某店(いつのまにか島内5店舗に増殖!)もお得プライスなもののお肉が薄いのとサワークリーム系のソースが好みじゃないんですの。某店は店内の雰囲気がラブリー、アツアツに熱せられた石の上で生肉を自分好みに焼くメニューがあったのですが、検索してみると今は無いっぽい。まぁここはタパスがメインのスペイン料理ですからね。某店は超人気のサンセット&インスタ映えスポットで接客もそれなりによく、意外にもステーキがおいしいそうですが、なんとなくガッツリより景色を眺めながらいろんなものを少しずつつまみたい感じ。かといって和牛を食べに遠征するのもなぁ。行きは良いけど、満腹になった帰りがかったるいんですよ。

某アプリで範囲を表示して「steak」と検索してみたところ…
クロボカンに評価4.5点超え(5点満点中)のステーキ屋を発見☆ その名も「Boy'N'Cow MEAT BOUTIQUE」。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
場所は、大人気のアジアンフュージョンレストラン「Mama San」の道路を挟んだ真向かいです。サイト内ではスミニャックと連呼してますが、ここはデサ(村)クロボカンですね。

Boy'N'Cowのクチコミを読むと、「素晴らしい食べ物と素敵なスタッフ。お金が問題でない場合は強くオススメします」とか「プレミアムステーキ。他のステーキハウスとは一線を画している。高価だけど価値がある」とか「高いけど喜びがありました。初めから終わりまで完璧なサービスと素敵な雰囲気。必ず再訪します」とか。
これほど多くの方が「高い」と強調したくなるって、どんだけ高いのーーー?でもそれに見合う、もしくは、それ以上といえるなら、1度は足を運んでみたいざますよ。ドキドキするけども。

←クリックお願いしまっする
まずは外観。
2階建てで、たしかに平屋に比べたら高いです。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

入口は建物の正面向かって左側。ちょっとわかりにくく、難度が高いです。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
2017年9月にオープンし、外壁はほんのり牛柄かつクラシックテイスト。決して壊れたり剥がれてるわけじゃないですよ。

エントランスのドア。これは、高いっっ!
たぶん3m以上あるんじゃないかと。ギネスブックで現在 最も背が高いとされる251cmの男性でも余裕で入れます。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

受付カウンターで予約の有無と空席を確認してもらいます。
メニューとネームカードの脇に、さりげなく中華包丁のレプリカ…柄が高いですね。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

カウンターを抜けると、生肉が入っている冷蔵室。
塊、ドーーーン!
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
品質にこだわり、島内で厳選したサプライヤーのみと提携し、有機飼料で育成。それを一定の冷温度と高めの湿度で約28日間ほど熟成させるんですって。

内観。吹き抜けで天井が高いぃぃ。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
混んでますね。7割ぐらい埋まってるでしょうか。
ドレスコードはスマートカジュアル。ノースリーブやボードショーツ、ビーチサンダルはNGだそうです。ノースリワンピはOKなのかしら?ちらほらいます。あきらかにきったねー格好は避けたほうが良いでしょう。

高さを活かしたシーリングライト。2階のソファー席の頭上にはシャンデリア。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

下から見ると煽るような壁画もオッサレ~。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

全体、倉庫や貯蔵庫を思わせる工業デザインを醸し出しながら、古き良きクラシック・アメリカン、それでいて洗練された高級感を併せ持っています。

1階のダイニングエリア。
革の椅子とソファー。まさか合皮じゃないよね?と思いつつ。
すべてのテーブルにはピカピカに磨かれたワイングラスとチェイサーグラス、お皿、キャンドル(虫よけ?)が正しく美しく並べられています。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
ほの暗い中で、キャンドルの炎が幻想的。
間接照明の使い方もうまいですなぁ。足元と壁面と。

ダイニングの向かいには、オープンキッチン。
機能的でモダン。卓上もキレイに整理整頓されています。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
鉄製カスタムメイドのガウチョ式グリルで、激しく直接的に焼いてくれるそうです(激しく?)。
排気設備がしっかりしていて、客席まで煙が一切来ません。暑くもないです。
ここもライティングのデザインが優れていて、客席からキッチンが浮かび上がるように見えるんですよね。主張しすぎないけど魅せるエリア。

2階はカクテルラウンジ。
カウンター&ハイチェア、ソファー席など好みで選べます。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
1階は禁煙、2階が喫煙スペースだとか。珍しい葉巻も扱ってるんですって。
ドリンクはすべて2階で作っているようです。フロアのスタッフがまめに階段上り下りしてましたから。足腰強くなって痩せそうですな。働こうかしら。あ、ウソ。BBAのあてくしがステーキ持って颯爽と歩くとか無理。

クチコミにあるように、スタッフの動きがスマートでスムーズです。
手をあげればすぐ来るし、質問にはわかりやすく答えてくれるし、インドネシア語で聞いてるのにわざわざ英語で返すインテリぶった人もいないし(←これわりと重要)、サーブの所作は静かで丁寧だし、必要以上に声かけてこないし、穏やかだし。
バリ島内のホテル以外では、かーなーりークオリティの高い接客応対だと思いました。イタリアン「Da Maria」のもてなしも素晴らしく、それに次ぐんじゃないかと(あてくし比)。

スティル・ウォーターが運ばれてきました。スティル=無発泡です。炭酸水はスパークリング・ウォーター。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
事前に有料と聞いていたのですが、そのお値段…1本なんとRp65,000++(1円=Rp127として約512円++)。噂通り、いや、噂以上に高っけぇぇ!バリ島で1ガロン=1.9リットルの水が2~3本買えますよ。あ、こういうシャレオツ飯でローカル飯に換算しちゃダメ。えぇ、味はいたって普通のミネラルウォーター。臭くも硬くもありません。

メニューにないものの、頼めるレモンジュース。
1杯、Rp35,000++(約276円++)。まぁこの手のレストランにしては良心的かと。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
背の高いロンググラスにたっぷり入ってます。だがしかーし、飲んでみると味が薄いです。レモンウォーターみたいな。
お肉に合わせたワインも豊富で、好みに合わせてセレクトしてくれるそうです。

本日のメイン、ステーキが運ばれてきました♪ 茶色い塊、ダーーーン!
オーストラリア産リブアイ。焼き方はミディアム・レア。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
拡大写真がややボケててすみません。厚みをおわかりいただけるでしょうか?ローズマリーが載ってます。280gでRp380,000++(約2,992円++)。
ソースは2種類。左のグリーンはチミチュリ。パセリとニンニクベースで、爽やかなのにまろやか。臭みはあまりありません。右の茶色は「マッシュルームソース」と言われましたが、ポートワインのマッシュルームソースで、デミグラスに近い感じ。これまたコクとまろやかさがあります。
右上には天然塩。実はこれが一番肉のうまみが惹き立つ気がします。ただ少量でも主張するので、付けすぎるとしょっぱいです。

続いて、オーストラリア産サーロイン。焼き方、同じ。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
同じく280gでRp320,000++(約2,520円++)。
こちらも、ソースは2種類。左の黄色はベアルネーズソース。バターというよりチーズのようにまったりと濃く、やや酸味があります。右の茶色は同じデミかと思いきや、ブラックペッパーソース。調味料をふんだんに使用し、ほんのりした辛さとコク。ちょっとカレーに近いかも。

どのソースもとびきり美味しいです。あてくしにとってハズレなし。全部で4種類あり、1皿につき2種類ついてきます(選べるのか、勝手にセレクトされるのか不明)。

サーロインの断面図はこちら。
見よ、この美しい赤身!興奮して寄りすぎちゃいましたけど。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
お肉が一番おいしくなると言われるミディアム・レア。切っても血がしたたることはありませんし、ナイフがスーッと入ります。とはいえ、生ではないため、肉本来の弾力、噛み応えがあります。和牛のように噛まずに溶けるぅぅ~なんてこともありません。まぁここまで鮮度が良いなら、レアにしても良かったかなぁと思ったり。

サーロインは脂身に少しスジがあったものの、リブアイは柔らかくて繊維も細かく絶品☆
焼き加減、厚み、肉の味、どれも、今までバリ島内で食べた中マイベスト・ステーキです!

えぇ、お高いだけあって、サイドメニューは別オーダーですの。
ベビーキャロットハーブスとローストガーリックマッシュポテトをチョイス。
バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」

バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」  バリ島 ステーキハウス「Boy'N'Cow」
200g入りで各Rp60,000++(約472円++)。
どちらも1皿が意外とデカイ。特にマッシュポテトは芋類なのでお腹に溜まります。クリーミーでほっこり。バターもきいてうんまーい。ベビーキャロットは自然な甘みがあって柔らかすぎず、硬すぎず。これまたバターのコクがあります。ただ山盛りで途中から飽きちゃいました。
できればサラダや温野菜の小皿セットがあると嬉しいかな。

ほかに、和牛(オーストラリア産)280g Rp690,000++(約5,433円++)や、チキン、ポーク、サーモン、ツナなどがありましたよ。

お会計は、ノンアルコールでデザート無しなのに、Rp1,100,000(約8,600円)超え。さすがにお高い!!!
ナシジンゴ(ごはん・おかず包み。1個Rp5,000)なら220個買えますね。あはは…あはは…。日常的に通えるプライスじゃないですが、安いステーキを3回我慢して1度行く価値はあると思います。日本の高級ステーキ店に比べたら断然安いですし。
クチコミに「オーマイゴッ。アメージング」と書かれてる通り、ステキなステーキハウスでした。

とっておき情報♪


2018年5月7日※1からブレックファースト(毎日午前8時~午後12時まで)がスタートするそうです。
それを記念して、2018年5月中は朝食メニュー、スムージー、コーヒーが50%offですって。
https://www.boyncow.com/events/breakfast-is-served/
この機会にレッツトライ!
※サイトには5月スタートと書いてありますが、5/7~だそうです。5/1に行ったらやってませんでした。しくしく。



店名
Boy'N'Cow(ボーイ アンド カウ)
URL
http://www.boyncow.com/
料理ジャンル
ヨーロピアン・ウェスタン(ステーキハウス)
税金・サービス
サ8%・税10%
カード
使用可
所在地
Jl. Raya Kerobokan No.138 Kerobokan Kelod Bali
電話番号
+62-361-934-8468(海外から)
0361-934-8468(バリ島内)
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
レストラン:午前8時~12時(ブレックファースト/2018年5月から)/
午後12時~午後10時45分(ランチ&ディナー)
バー:午前8時~午前1時
駐車輪場
車:10台程度、バイク:あり(ともに店頭)
行き方
1. Jl. Sunset RoadからJl. Raya Kerobokanを左折し、10mほど進んだ右側。Mama San向かい。
2.Jl. Kayu AyaからJl. Raya Kerobokanを北上し、50mほど進んだ左側。
地図


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント