Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

Expediaに「ウブドの極上リゾート」コラム掲載

また告知で恐縮ですよっと。
本日(8/1)、オンライン旅行サイトエクスペディアの公式旅行情報コンテンツ「We Love Expedia」にバリ島コラムが掲載されましたーー。パフパフパフ!

Expedia 神々の棲むバリ島。自然と文化を満喫できるウブドの極上リゾート3選
↑画像をクリックするとページにリンクします。

下記URLからもどうぞ。
■神々の棲むバリ島。自然と文化を満喫できるウブドの極上リゾート3選
https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/indonesia/20118/

今日も今日とてクリックお願いします。
今回の極上リゾート特集では、どちらのホテルを掲載させていただくか正直すっっごく悩みました。
バリ島 Expedia 神々の棲むバリ島。自然と文化を満喫できるウブドの極上リゾート3選

バリ島には宿泊施設がたーーくさんあります。Expediaで検索してみると現時点(8/1)の登録数は2,777軒
沿岸部なのか山間部なのか、はたまた農村部かによって特色がありますし、1つ星~5つ星までランクがあります。

以前執筆した「バリ島女子ひとり旅」では、女性が1人で泊まっても安心できて使い勝手の良いホテル=新しめで部屋自体はさほど大きくないけれど利便性が良いもの、を中心にセレクトしました。偏らないよう、少し幅を持たせつつ。
エクスペディア 「バリ島女子ひとり旅」

素敵なヴィラやホテルがどんどん増えていく中で、「バリ島ならでは、バリ島だからこそ、泊まって良かった!」と思ってもらえるエリアや特長のあるホテルはどこだろう?と考えて選んだのが今回の3軒です。
世界の高級ホテル好きNちゃんのお墨付きでもあります☆ 彼女いわく「各国に素晴らしいホテルがたくさんあるけれど、ファシリティだけでなく、全体のクオリティ、コスパ、ホスピタリティを加味すると、バリ島はかなり優れている」そうです。ほほう。

ザ チェディクラブ タナガジャ
バリ島 ザ チェディクラブ タナガジャ  バリ島 ザ チェディクラブ タナガジャ

フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン
バリ島 フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン  バリ島 フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン

ワーウィック イバー ラグジュアリー ヴィラ&スパ
バリ島 ワーウィック イバー ラグジュアリー ヴィラ&スパ  バリ島 ワーウィック イバー ラグジュアリー ヴィラ&スパ

本当はもっともっとあるんです!あちらもこちらもご紹介したいんです!でもエリアもランクもバラしたら際限なくなってまとめられないもので(笑)
もちろん好みもあると思います。「俺はだんぜん〇〇が良い」とか「私は△△が気に入ってる」とか。
実際泊まってみないとわからないことも多々あるので、ご参考にどうぞ。

いやはや、リゾート自体のチョイスも難しかったですが、執筆が意外と手間取りまして・・・自分の語彙力の無さを痛感しました。
タイトルの「満喫」すら「堪能」にすべきかいまだに迷ってます。「満喫」はもともと飲食に関して使うもの。派生して「堪能」と同様の意味を持つようになったそうです(参考:goo辞書)。
1行目の「多種多様」も、「豪華絢爛」や「百花繚乱」だとゴージャス限定になってしまうし、「千紫万紅」だとパッと見わかりづらいし、「ピンからキリまで」だと文章の質が下がるし、「バラエティ豊か」だと若干意味が異なってくるし。一語ずつ辞書を引いてみたり。
それはそれで自分の中で積もっていく言葉ですし、適切な表現を見つけて、言葉を紡いでいくのがライターの本分なので楽しみでもあります(若いときはそれがイヤでコピーライターやめました)。
ま、言葉に捉われるあまり、全体がおかしくなってしまっては本末転倒ですしね。

今回ご紹介したリゾートの補足や、今後ぜひご紹介したいリゾートもあります。またの機会に。
末筆になりましたが、実際に各リゾートを見せていただき、ご対応くださったご担当者とスタッフの皆さまに心から感謝します。そして、ホテルキラーのNちゃんありがとう♡
以上、Expediaの掲載報告でした!

関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント