Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

ホスピタリティあふれるヴィラ、ザ・クンジャ

シルバーウィークに渡航してくれた友達に便乗して、普段なかなか行けないあんなところやこんなところへ潜入してきましたよっと。

まず1組目。池袋JAYAランゲージセンターでインドネシア語を習っていたときの先生やクラスメイトなど女子7名様ご一行です。全員バリリピーターで、ホテルやスパに関するリゾート情報は私なんかよりたーーくさん持ち合わせています。
特に日本でご近所友達のNちゃんはバリ歴20年以上の“歩くホテル&ヴィラ図鑑”。中~高級クラスをあちこち泊まり歩いているため、ちょっと訊くだけでものすごい情報量が返ってきます。

そんなメンバーが今回選んだ前半の宿泊先は、スミニャック地区にある「ザ・クンジャ」(実際はクロボカン地区だけど)。
バリ島 ザ・クンジャ

「別々の部屋ではなく、全員で1棟のプライベートヴィラに泊まってワイワイ楽しみたい」という希望に基づいて決めたそうです。
3ベッドルームのヴィラはほかにもありますが、1部屋につき2人ずつ最大6人が基本。7人だと断られたり、エクストラベッドを頼むと値段がグッと上がってしまったそう。さらに利便性を加味すると、選択肢がかなり少なかったとか。大人数での旅行って意外と大変なんですね。
バリ島 ザ・クンジャ

そんな苦労はいざ知らず。あてくし、久しぶりのオサレヴィラ探訪にテンション上がるぅぅー。みんなとの再会も楽しみすぎるぅぅー。

たまにはリゾートでうっとりしたい・・・クリックお願いします
テンション上がりすぎて、1時間前に着いちゃいました。正確にいうと、飛行機遅延と交通渋滞で定刻入りならず。
セキュリティチェックがあるため、ロビーで待機します。そりゃ宿泊客より先に入れないわな。ドア開けて座ってたら驚くもの。

オープンエアのフロント。
バリ島 ザ・クンジャ

フロント脇のソファー。
バリ島 ザ・クンジャ
右側にはスパが併設されています。メニューを見て「高級リゾートのわりに高くない」と思った覚えがあるのですが、いくらだったかメモるのを忘れました。ボディマッサージ1時間でRp450,000++(1円=Rp120として約3750円++)だったような。

ヴィラの見取り図。
全18棟で、1ベッドルーム14棟、3ベッドルーム4棟です(13号室は無し)。広いのねぇ。途中に川が流れてるし。
バリ島 ザ・クンジャ

ロビーから眺めていると、敷地内へ次々とタクシーやカートが入っていきます。あれ?普通のホテルってロビーか駐車場に停めて歩きますよね?どうなってるの?
しばらくしてクンジャの専用車に乗って友達7人が到着しました。空港送迎は無料だそうです(料金に含まれる)。
「車の後ろに付いて入って良いですよ」と先導されました。まさかのバイクでイン?!

入って納得。
以下、翌朝に車から撮った写真です。
1つめのつきあたりを道なりに左折します。
バリ島 ザ・クンジャ

直進して、
バリ島 ザ・クンジャ

ここを右折、
バリ島 ザ・クンジャ

直進して、道なりに左カーブして
バリ島 ザ・クンジャ

さらに直進して、次を右折、直進、左折、その奥が19号棟でした。
ひゃー、長いYO!めっちゃ長いYO!ロビーまで歩けないYO!!いや、頑張れば歩けますけど。1回なら散歩感覚ですが、毎回は無理。電話するとカートで迎えにきてくれます。
これは車もバイクもインになりますね。

玄関のドアを開けると、3ベッドルームのプライベートプール&ヴィラがどーーーん!
敷地も広いけど、建物内も広ーいぃぃぃ。
バリ島 ザ・クンジャ
ん?暗くてよくわからないって?

こちらが外観の昼景です。
バリ島 ザ・クンジャ

プールは長さ18mぐらいあるでしょうか?深さは2m。
夜景だと水面にライトが反射して、より幻想的に見えますね。
バリ島 ザ・クンジャ
プライベートプールなので夜中でも入れます。水温はぬるめで冷たくなかったです(足をつけた感想)。

プールの昼景。
ここだけでうちの敷地より広そうだな・・・。
バリ島 ザ・クンジャ

リビング&ダイニング。
バリ島 ザ・クンジャ
正面にメインのベッドルーム、左右に各ベッドルーム、の計3室です。
どの部屋に泊まるかじゃんけ大会が始まりました。それも野球拳で(笑)

振り付じゃんけんを見て、若干あんぐりしている専属バトラーさんにあれこれ質問してみます。
オーナーはなんと棟ごとに異なるんですって。この19号棟はスラバヤ人所有。ほかの棟はアメリカ人、オーストラリア人、バリ人など。へー。売上をどう分けるのか気になりましたが、そこまで突っ込むのはやめておきました。
日本人スタッフは現在ウェディングしかいらっしゃらないそうです。なのでヴィラの対応は基本、英語かインドネシア語です。挨拶程度の日本語を話せる方もいますが。冗談っぽく「教えて」と言われました。
このバトラーさん、お育ちが良さそうです。穏やかで、所作に品があります。まぁ高級ヴィラですからね。しっかり教育されてるんでしょう。訊けば生粋のデンパサール人だとか。六叉路周辺のバンジャールだとおっしゃってました。たぶん名家のご出身だろうなぁ(勝手な想像)。

じゃんけんが続くので、各室の写真を撮らせてもらいます。

メインベッドルーム。
蚊帳付でムーディーなライト。お姫様仕様ですわよ、これは。
バリ島 ザ・クンジャ

ベッドの右側にはロッカールーム。
えぇ、ここで寝られそうです。3畳分あるかと。
バリ島 ザ・クンジャ

広すぎて、どうにもこうにもカメラに納まりきらないバス&トイレ。
バリ島 ザ・クンジャ

洗面台は1部屋につき2人で使えるように2つずつ。もうこの気遣いったら。
バリ島 ザ・クンジャ

美しいバスタブ。
カランが奥じゃなくて手前についてるんですね。お湯入れるときに手を伸ばさなくて済みます。
バリ島 ザ・クンジャ

キッチン。
朝食は指定時刻の30分前からスタッフが作りにきてくれるそうです。
バリ島 ザ・クンジャ

前夜に、翌朝のメニューを選びます。アメリカン、コンチネンタル、インドネシアン、日本食などレパートリー豊富。
バリ島 ザ・クンジャ
ただ、「どれもあまりおいしくなかった」とのこと。残念ですなー。

ウェルカムフルーツは、奥がサラック、手前がマルキッサ。
バリ島 ザ・クンジャ
サラックはスネークフルーツという異名通り、ヘビ殻のような皮に包まれています。むくと中から白い実が出てきます。さっぱりとしてすこーし酸味のある甘さ。中に大きな種が入っています。これ、大好き。
マルキッサはパッションフルーツ。中がツブツブでトロッとしています。とあるガイドさんは果物売り場で「カエルのタマゴみたいなのがたくさん入っている」とおいしくなさそうな説明をしていました。酸味が強く、不思議な食感。

ウェルカムドリンクは私の分まで用意してくれました。ありがとうございます。
バリ島 ザ・クンジャ
バトラーさんは「あなたも泊まってもいいですし、朝食も用意しますよ」と気前の良いことをおっしゃってくれました。いやいやいや、帰りますから。個人単位ではなく棟貸し感覚なんでしょうね。

ヴィラ周辺のプティトゥンゲッ通りやカユアユ通り(通称オベロイ通り)なら専用車かタクシーで無料送迎してくれるそうです。
この日行ったレストランはあまりに近かったため、このカートで移動。後続車にライトで照らされて、少し気恥ずかしかったです。
バリ島 ザ・クンジャ

翌日グループの1人が体調不良で病院へ行くことになってしまいました。トランスポートをお願いしようとフロントに連絡すると、「緊急時、たとえば病気でしたらクタ地区やデンパサール地区でも無料送迎します」って。具合が悪いときに頼りになるのは本当にありがたいですね。そのエリアなら海外旅行保険を使える国際病院が複数ありますし。なんとも丁寧かつスマートな対応で、普段この手の宿泊施設に泊まらないあてくしは感動しました。ほかもそうなのかしら?
ホテルキラーのNちゃんも「ここはサービスがよく、ファシリティもGood。朝食はイマイチだけど便利だし過ごしやすい」と太鼓判押してました。

宿名
The Kunja Villas and Spa(ザ・クンジャ ヴィラ&スパ)
URL
http://www.thekunja.com/
カード
使用可
所在地
Jl.Lebak Sari No.8 Kerobokan Bali
電話番号
+62-361-4733-130(海外から)
0361-4733-130(バリ島内)
駐車輪場
車:複数台あり、バイク:同
行き方
1.カユアユ通り(通称オベロイ通り)から、レストラン・トラットリアの脇道へ右折。レバックサリ通りを道なりに1㎞ほど直進した左側。
2.ラヤクロボカン通りからプティトゥンゲッ通りに入り、ワルンコレガの次を左折。レバックサリ通りを100mほど進んだ右側。

関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント