Ads by Google
facebook
Twitter
Ads by Google
プロフィール

梶 ナナカ (かじななか)

webデザイナー/ライター

[現在]フリーランスで日本の企業様からwebデザインを受注。合間にバリ島に関する執筆活動。

[略歴]百貨店の広告担当、広告代理店のタレントキャスティング、制作会社のコピーライター、メルマガ担当を経て、webデザイナー。企画・構成からデザイン、コーディングまで行えるのが強み。
お仕事のご依頼はこちら:info[at]memobali.com([at]→@)

[趣味]食べ歩き。最近ハマってるのはアシュタンガヨガ。

[バリ歴]1999年 バリ島初渡航。ハマって年3回ペースに。
2001年 サヌール地区で1年弱滞在。ディープな面を知る。
2002年 結婚
2011年~ 日本とバリ島、半々の滞在生活。クロボカン端のダルン在住

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク

オサレ通りで地元民集結、ワルンバニュワンギ

クロボカン地区のカユアユ通り(通称・オベロイ通り)からプティトゥンゲッ通りは、洗練されたレストランやナイトスポット、都会的なショップ、隠れ家ヴィラがひしめき合う、“今、バリ島で最も熱いエリア(暑いではない)”と言われています。
スクラップ&ビルドが激しく、ちょっと目を離すとあったはずのお店が消え、新しいお店が出現。その変わり身の早さに驚くばかり。

そんな中、「ここだけ時間が止まってるんじゃない?」とツッコミたくなるのが、ワルンバニュワンギです。
まばゆいほどの総ガラスだの、ナチュラルテイストのバンブー仕立ての壁だの、ハイセンスな間接照明だの、そんな装飾一切なし!えぇ、オサレな通りにありながら、オサレ感ゼロです。1ミリもなし。
てか、建物自体あまり見えません。一軒分奥まっているうえに、お昼どきになるとタクシーやバイクで埋め尽くされるから。立て看板もなく、知らない人は気付かないかも。
バリ島 ワルンバニュワンギ

「同じ通りのワルンムラーによく行く」とサヌール在住Nちゃんに話したところ、このワルンを勧められました。グルメっ子の紹介だけあって、行ってみるとたしかに美味ーーい♪

このワルン、しばらくハマりました。クリックお願いします。
薄暗いトタン屋根、いやあえてスタイリッシュにいうなら、ムーディーなライティングのアンティーク屋根、の下にバイクを停めて(ハンドルロックはしないでね。駐輪係が移動するから)、店内へ向かいます。
ど真ん中に視界をさえぎるシャッター柱がありますが、気にしないでおきましょう。
バリ島 ワルンバニュワンギ

まずは、ショーケースの内側にまわり、店員にイートインかテイクアウトか告げます。中か外かを指差しても通じます。
だいたい客が列をなしているので、後ろについて前者の真似をすればOK。
店内の場合はかご皿に紙を乗せて、持ち帰りは紙を円錐状に丸めて、そこに白飯を入れてくれます。

次に、おかずを選びます。
たくさんあって迷っちゃいますね。3時過ぎに行くと売切れ続出で半分ぐらいになってることも。
バリ島 ワルンバニュワンギ

たいてい、上段は揚げ物。
バリ島 ワルンバニュワンギ

下段は炒め物と煮物です。
バリ島 ワルンバニュワンギ

一見何かわからないものがありますが、インドネシア語(またはジャワ語)しか通じないので聞いたところで謎なまま・・・なんてことも。あれこれ迷ってると後ろが詰まるのと、奥まで進んだところで行き止まりなので、気になるものがあれば試しに食べてみるのも手です。特別おかしなものやゲテモノは並んでいません(たぶん)。
ちなみに、インドネシア人はご飯多めのおかず少なめ、日本人はおかず多めのご飯少なめが多いです。特に女子。油断してるとご飯をてんこ盛りにされるのでお気を付けください。

盛ってもらったナシチャンプルと、その場で渡されるプライスカードを持って、空いてる席に座ります。先に席を押さえてる人はほとんどいません。混んでるときは相席です。
バリ島 ワルンバニュワンギ

飲み物は席でオーダーできます。先に頼んでも良いですけど。
テーブル上に置いてある揚げせんべいやピーナッツは勝手に食べてOK。会計時に食べた分だけ申告します。

あてくし、この日はこれ。
上から時計回りに、春雨のピリ辛炒め、揚げゆでたまごのソース煮、とうもろこしプルクデル(コロッケ)、キャベツといんげんの炒め煮、白飯。Rp13,000(1円=Rp108として約120円)なり。
バリ島 ワルンバニュワンギ

別の角度からもう1枚。おかず多めで、ご飯見えないYO!
バリ島 ワルンバニュワンギ

バニュワンギはバリ島の隣にあるジャワ島の東端部にある港町だそうです。
ジャワ系なので、バリ系に比べると甘辛く、日本人に食べやすいと思います。慣れや好みもありますが、バリ系はかなり辛め(お店による)。イスラム系で豚肉料理はありません。ハラルマーク付。
インドネシア料理って簡単に作られてるようにみえて、結構手が込んでるんですよね。揚げたまご1つとっても、茹でて、揚げて、さらに煮込んでますから。

プライスカードなり。
食べ終わったら、お皿はテーブルに置いたまま、このプライスカードを持ってショーケース横のレジで精算してください。
バリ島 ワルンバニュワンギ

ローカルだらけのワルンで、カメラ出してフラッシュ光らせたら一斉に見られちゃいました。恥ずかしい。へへ。
いつも客で賑わい、熱気むんむんなのに、エアコンはありません。最先端の熱いエリアにある、昔ながらの暑いお店。大好きなワルンの1つなので、ここだけは変わらないでほしいなぁと思っています。
ちなみに、夕方6時以降は駐車スペースに揚げ物やスープの屋台が並びます。

店名
WARUNG BANYUWANGI(ワルン バニュワンギ)
URL
なし
料理ジャンル
インドネシア料理(ジャワ島)
税金・サービス
なし
カード
不可
所在地
Jl.Petitenget No.88 Kerobokan Bali
電話番号
+62-361-473-4659(海外から)
0361-473-4659(バリ島内)
店休日
無休(ニュピのみ)
営業時間
午前8時~午後5時30分
駐車輪場
車:複数台あり、バイク:同(ともに店頭)
行き方
ラヤクロボカン通りを北上し、リオの交差点を左折。プティトゥンゲッ通りを道なりに1kmほど進んだ左側。タイコーナーの前。


関連記事

テーマ : バリ島
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント